メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマLNWRRF

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリで 500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

【ヤフオク】おてがる配送(ヤマト運輸)は着払いで発送できる?おすすめの方法

ヤフオク「ヤフネコパック」は着払いで発送できる?送料を落札者負担にする方法とは?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

おてがる配送(ヤマト運輸)は着払いで送れる?

匿名配送のまま送料を落札者負担にする方法

 

ヤフオク「おてがる配送(ヤマト運輸)」は着払いで送れる?

 

結論から言うと、ヤフオクのおてがる配送(ヤマト運輸)は送料を「着払い」にはできません。

 

ヤフオクでは着払いを選択すると、下記の配送方法しか利用できないようになっています。

 

ゆうメール

ゆうパック

宅急便(ヤマト運輸)

飛脚宅配便(佐川急便)

 

そのためおてがる配送(ヤマト運輸)は、着払いの中では選択できないようになっています。

 

これはおてがる配送(ヤマト運輸)だけに限らず、おてがる配送(日本郵便)を利用するにも着払いは不可となっています。

着払いで表示される宅急便(ヤマト運輸)は選択しないように

また、着払いを洗濯した時に表示される「宅急便(ヤマト運輸)」は、おてがる配送(ヤマト運輸)ではないので注意です。

 

この「宅急便(ヤマト運輸)」は通常の宅急便になってしまい、匿名配送を利用できません。

 

また、送料も通常の宅急便の料金となってしまい高くなります。

送料落札者負担でおてがる配送(ヤマト運輸)が利用できる

ただし着払いではなく、出品時に送料を「落札者負担」に設定しておてがる配送を利用することは可能です。

 

上でも説明した通り、ヤフオクのおてがる配送(ヤマト運輸)は、荷物が到着した際に落札者がその場で送料を支払う「着払い」は不可です。

 

ですが落札者が商品代金と送料を決済時に支払えば、おてがる配送(ヤマト運輸)を利用することができます。

 

おてがる配送(ヤマト運輸)を送料落札者負担で発送する方法

 

ヤフオクでは出品時に送料負担を「落札者負担」を選択すると、下記の通り、送料をどのように落札者に負担してもらうかを選ぶことができます。

 

送料を決めて出品する

落札された後に送料を連絡する

着払いにする

 

ただし上でもご紹介した通り、「着払いにする」を選ぶと匿名配送のおてがる配送(ヤマト運輸)は利用できません。

 

そのため、匿名配送を利用する場合は「送料を決めて出品する」か「落札された後に送料を連絡する」を選択しましょう。

①「送料を決めて出品する」を選択した場合

「送料を決めて出品する」を選択すると全ての配送方法を利用することができ、おてがる配送(ヤマト運輸)の匿名配送も選択できます。

②「落札された後に送料を連絡する」を選択した場合

この場合も①と同様、おてがる配送(ヤマト運輸)の匿名配送を選ぶことができます。

 

またこの場合、商品を落札された後に出品者が送料を決めて、落札者へ送料がいくらになるのかを連絡します。

 

送料を計算後「送料を連絡する」をクリックして落札者に連絡します。

送料出品者負担・落札者負担かで送料が大きく変わるので注意

ただしおてがる配送(ヤマト運輸)は、送料が出品者負担か落札者負担かで料金が大きく変わります。

ネコポスの送料

送料負担

料金(全国一律)

出品者負担

170円

落札者負担

210円

 

宅急便コンパクトの送料

送料負担

料金

出品者負担

380円(全国一律)

落札者負担

444円~

 

宅急便の送料

<送料出品者負担>

荷物の重量

重量

送料

60サイズ

2kgまで

700円

80サイズ

5kgまで

800円

100サイズ

10kgまで

1000円

120サイズ

15kgまで

1100円

140サイズ

20kgまで

1300円

160サイズ

25kgまで

1600円

 

<送料落札者負担>

送料が657円~

※地域、サイズによって料金は異なります。
宅急便の料金表はこちら

 

ヤフオクでは同じ配送サービスでも、どちらが送料を負担をするかで料金が大きく変わります。

 

そのため1円スタートなどの激安商品でない限り、送料を落札者負担にするのはおすすめしません。

 

送料を落札者負担にしていることで、ユーザーからは嫌がられてなかなか落札されないということもにもつながります。

 

それなら送料分を上乗せした金額で出品し、送料を出品者負担にした方が売れやすいです。

 

ヤフオクでは送料負担をよく考えた上で、販売をするようにしましょう。

ヤフオクは送料落札者負担でも匿名配送が利用できる!

 

おてがる配送(ヤマト運輸)は送料を落札者負担にはできますが、着払い不可となっています。

 

着払いは出品者・落札者共に事前に送料を支払っていない分、トラブルが起きやすいのも事実です。

 

実際に、落札者に荷物が届いた時に「送料を支払いたくないから」と荷物の受取拒否が起こることもあるようです。

 

そのためにも、出来るだけ着払いは利用しない方が良いです。

 

そのためにももし送料を落札者負担にしたいのであれば、上の方法を選択することが良いでしょう。

ヤフオクユーザーは「オークファン」も使うのがおすすめ

ヤフオクで出品・入札(落札)する場合は、「オークファン」というサイトを一緒に使うことがおすすめです。

 

f:id:colotanblog:20201008114835j:plain

画像引用:国内のショッピングサイトをワンクリックでまとめて検索【オークファン】

 

オークファンでは無料会員登録をするだけで、下記のことができるようになります。

 

国内外のオークション・ショッピングサイトをまとめて比較できるため、一番安いサイトで商品を購入することができる

680億件以上のデータから過去の落札相場を調べることができる

「入札予約ツール」で予約した時間に狙った商品を入札できる

オークファンを利用することでポイントが溜まり、現金や電子マネー、商品券などに交換できる

 商品説明文が伝わりやすくなる「出品テンプレート」が無料で使える

 

オークファンは会員登録をするだけで、様々な機能が使えるため売り上げアップにつながりやすいです。

 

また、有料のプレミアム会員・プロPlus会員になるとさらに多くの機能が使えるようになり、今仕入れるべき商品なども知ることができます。

 

ヤフオクユーザーは、ぜひオークファンも一緒に活用してみてください!

 

 

\  無料会員登録ですぐに使える! /

オークファンをチェックしてみる