メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は《着払い》で送れる?ヤフオクで匿名配送+着払いにする方法とは?

スポンサーリンク

ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は《着払い》で送れる?ヤフオクで匿名配送+着払いにする方法とは?

今日はヤフオク独自の配送方法のヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)を着払いで送る方法についてご紹介したいと思います。

 

ヤフオクの場合、1円オークションの商品や価格の安い商品が落札された場合、出品者からすると「送料は購入者に負担してもらいたい」と思うでしょう。

 

出品者からすると、匿名配送+さらに着払い(送料購入者負担)で送れたら正直最高です。

 

そんなヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)は着払いで送れるのか?その方法とは?についてご紹介してきます!

 

ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)とは?

 

そもそもヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)とは具体的にどんな配送方法かを知りたい方もいるでしょう。

 

下記が各配送方法の詳しい特徴になっていますので、気になる方はまずこちらも読んでみてください。

 

▼ヤフネコ!パック▼

www.colotanblog.com


 

▼ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)▼

www.colotanblog.com

 

ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は着払いで送れる?

 

ヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)では送料を「着払い」にすると選べなくなってしまいます。

 

ただし、出品時に送料負担を「落札者負担」に設定をして、商品代金とは別に送料を購入者に負担してもらうことは可能です。

 

つまりヤフオクでは、荷物が落札者の元に到着した際に送料を支払う「着払い」はできなくなっていますが、出品者が商品を発送する前に落札者が商品代金と送料分も支払っていれば、ヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)を利用することができます。

 

この「送料を落札者(購入者)負担で匿名配送を利用する」という方法は、現在メルカリとラクマではできませんが、ヤフオクだけはできるのです。

 

送料を「落札者負担」でヤフオクの匿名配送を利用する方法

 

ヤフオクでは出品時に送料負担を「落札者負担」を選択すると、下記の通り、送料をどのように落札者に負担してもらうかを選ぶことができます。

 

・送料を決めて出品する

・落札された後に送料を連絡する

・着払いにする

 

ただし「着払いにする」を選ぶと匿名配送のヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)は利用できませんので、匿名配送を利用する場合は「送料を決めて出品する」か「落札された後に送料を連絡する」を選択しましょう。

 

 

①「送料を決めて出品する」を選択した場合

「送料を決めて出品する」を選択すると全ての配送方法を利用することができ、下記の匿名配送も選択できます。

 

・ヤフネコ!パック(ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便

・ゆうパック(おてがる版)

・ゆうパケット(おてがる版)

 

 

②「落札された後に送料を連絡する」を選択した場合

この場合も①と同様、下記の匿名配送を選ぶことができます。

 

・ヤフネコ!パック(ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便

・ゆうパック(おてがる版)

・ゆうパケット(おてがる版)

 

またこの場合、商品を落札された後に出品者が送料を決めて、落札者へ送料がいくらになるのかを連絡します。

 

送料を計算後「送料を連絡する」をクリックして落札者に連絡します。

全国一律の配送方法が選択された場合など、この手順が不要な場合があります

 

 

③「着払いにする」を選択した場合

この場合は、匿名配送のヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は利用できません。

 

また、配送方法は下記しか選べなくなっています。

 

・ゆうメール

・クロネコヤマト

・ゆうパック

・ゆうメール

 

この場合、ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)は利用できず、匿名配送ではない通常の配送となります。

 

また、ヤフネコ!パック・ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)はヤフオク事務局が送料を一部負担してくれるので格安で送ることができますが、この場合は通常の配送となるため、購入者が負担する送料は大きくなってしまいます。

 

送料を落札者負担にしたいのであれば、落札者のためにも「着払いにする」を選択するのではなく、「送料を決めて出品する」か「落札された後に送料を連絡する」を選択し、格安で配送してあげる方が良いでしょう。 

 

ヤフオクは送料落札者負担でも匿名配送が利用できる!

 

以上が、ヤフネコ!パック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)で着払いで送る方法についてでした!

 

メルカリとラクマでは、送料を出品者負担にしないと匿名配送(らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便・かんたんラクマパック)を利用できませんが、ヤフオクだけは送料が落札者負担でも匿名配送が利用できるのです。

 

 

またメルカリやラクマでは、送料を購入者負担にするとなかなか売れづらいという傾向があります。

 

ですが、ヤフオクの場合は1円スタートのオークションもあるので、値段が上がらなければ1円で落札されてしまうというリスクがあります。

 

その商品を送料を出品者負担で出品をしてしまうと、出品者が赤字になってしまうため、1円スタートの商品はほぼ全商品が送料落札者負担で出品がされています。

 

そのため、ヤフオクでは送料が落札者負担でも抵抗なく入札・落札をするユーザーがいるので、そこがフリマアプリとは違った特徴かもしれません。

 

ぜひヤフオクで「送料を落札者負担にして匿名配送で送りたい」という場合は、上記のように設定してみて下さい。