メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリ等で急ぎの発送を希望するコメントが来た!その場合の対処法とは?購入されてしまったら?

スポンサーリンク

メルカリ等で急ぎの発送を希望するコメントが来た!その場合の対処法とは?購入されてしまったら?

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどで商品を販売していると、「購入を希望していますが急いでいます!明日到着しますか!?」「いつの発送になりますか!?」とコメントが来ることがあります。
 
もうコメントを見るだけで、急に必要になった商品を急いで見つけて急いでコメントして、このコメントの返信を今か今かとスマホを片手に待っている姿が想像できるくらい(顔は見たことないけど)急いでいることがわかる人っているんです。
 
ですがそんな「めちゃくちゃ急いでいます!」というユーザーは、取引をするとトラブルにつながることもあるのです。
 
そんな商品の到着を急いでいるユーザーに対しての対処法について書いていきたいと思います。

「急いでいるお客さん=トラブルになりやすいユーザー」である

私が以前働いていたネット通販会社では、「急いでいるお客様=慎重に対応しろ!」と言われるくらいクレームにつながりやすいお客様という認識でした。

 
なぜなら、ネット通販では商品のお届けが手渡しではなく配送のため、商品のお届けに早くて翌日、遅ければ数日かかってしまうのです。
 
また、通販会社が急いで商品を梱包し発送手配をしても、その後荷物は宅配業者の手に渡るため、宅配業者内でトラブルが起こり荷物の到着が遅れてしまえば、またこれも大きなクレームにつながるのです。
 
つまり、お客様の手元に商品が無事到着するまでは何が起こるかわからないですし、翌日指定をした荷物でも、何かのトラブルで届けられなかったという可能性だって十分にあるのです。
 
 
また、商品の到着を急いでいるお客様は、商品が希望の日時までに届くことを一番に考えているため、何かのトラブルで希望通りに到着ができなかった場合、100%の確率でクレームが入るかレビューにボロクソ書かれるかのどっちかでした。笑
 
 
そのくらいネットを使った売買では、急いでいるお客様(ユーザー)は慎重に対応しなければいけないのです。
 
 
こんなトラブルにつながる可能性があるため、正直なところ急いでいるお客様はネット通販を使わないほうがいいのです。
 
ですが急いでいる人に限って、店に走るよりもネットで探して買っちゃうんですよね。

急いでいるユーザーに購入された時の対処法

ではここで急いでいるユーザーに商品コメントをもらった時の対処法についてご紹介します。
 
もしもの際はぜひお役立てください。

確実に希望通り到着ができる時は購入してもらってOK

上で書いた通り、「あーーーもう!わたしは早く商品が欲しいの!!!」と言わんばかりに急いでいることをアピールしてくるユーザーっているんです。

 
そのようなユーザーはだいたいが購入前に「今購入したらいつの発送になるのか」「どんな配送方法を使って発送するのか」「商品の到着はいつになるのか」などをコメント欄で質問をしてきます。
 
その場合、確実にユーザーの希望通りに商品の到着ができる自信があるのなら、「今日中に発送をするので◎日のお届けが可能です」などとコメントを返信し、購入してもらってもいいでしょう。
発送から到着に時間がかかる配送方法は使わない
ただし、急ぎのユーザーの場合は定形郵便(定形外郵便)やクリックポスト、ゆうパケットなど到着に少し時間がかかる配送方法は使わない方がいいです。
 
この場合は、「もし価格を少し上乗せしても良いのであれば、宅配便で発送をしましょうか?」と聞いてみたほうがいいかもしれません。
 
この時の上乗せする価格は、送料を考慮した上でそのユーザーと話し合って決める必要があります。
 
また、もしクリックポストや定形郵便(定形外郵便)、ゆうパケットの配送方法で発送予定の商品の場合は「◎日までのお届けができます!」と言わないほうがいいです。
 
これらの配送方法は、長ければ一週間くらい到着に時間がかかることもあります。
 
またどうしてもクリックポストや定形郵便での配送にしたい場合は、「◎日に発送させていただきますが、クリックポストの場合、東京から大阪までですと配送までに2〜4日ほどかかってしまうこともあります。それでもよろしいでしょうか?」とコメント欄で聞いてみましょう。
 
さらに宅配便の場合でも、念のため、配送業者のホームページなどで希望の日時までの到着が可能かどうかを確認した上でコメントを返信し、購入してもらうようにしましょう。

確実に無理・自信がないなら購入をお断りする

中には東京から発送と書いていても、北海道や沖縄への配送なのに「明日の午前中に欲しい!」などと無理な要求をしてくる人もいます。

 
その場合は即お断りしましょう。
 
無理なものは無理ですし、購入された後に色々言われると面倒なので、はっきり断ることも大事です。
 
また、「希望通りの商品到着は難しいかも・・・でも奇跡が起こればイケるかな・・・?」という場合もあります。
 
ですが、ユーザーの希望通りの荷物到着に自信がない場合も、はっきり断ることも大事です。
断る際のコメント返信例
下記が断る際の返信例ですので参考にしてみてくださいね。
 
「コメントありがとうございます。
明日の到着をご希望とのことですが、発送からお届けまでに数日かかってしまう配送方法を利用するため、明日のお届けは難しいです。
申し訳ありません。」

このようにはっきり購入を断ってもいいでしょう。

 
また、再度前職の話になりますが、以前の会社でもお届けが危うい場合ははっきりお断りしていました。
 
なぜなら上でも書いた通り、急いでいるお客様は本当に到着にシビアなため、少しでも荷物の到着が遅れれば怒りのクレーム電話が鳴るからです。
 
そんな場合は、こちらも希望の日時までの到着は約束できませんし、約束してしまえば何が何でも最後まで荷物を見張らなければいけないので大変です。
 
もし到着できなかった時のリスクもしっかり考えて、商品の到着の約束はするのが無難です。

急いでいるユーザーがコメントなしに購入してきた!そんな時は?

急いでいるユーザーの大半は、購入前に希望の日時までの到着が可能かどうかをコメント欄で質問して、希望通りの日時までに届きそうなら購入する、という流れがほとんどです。

 
ですが、中にはいきなり商品を購入して支払いが済んでから「急いでいます!今日中の発送は可能ですか?」「明日までに確実に欲しいのでお願いします!」などと取引メッセージを送ってくる人もいます。
 
 
そんな時は、お断りのメッセージを送った上で発送をしてしまうことがおすすめです。
 
 
例)クリックポスト(郵便)での発送の商品。
  購入後に「明日の到着でお願いします」と連絡が来たケース
 
「この度はご購入いただきありがとうございます。
明日の到着をご希望とのことですが、申し訳ありませんがこちらの商品は、商品ページでも記載の通り、クリックポストでの発送の商品となっています。
 
クリックポストは郵便と同じ扱いの配送方法のため、発送からお届けまでに数日かかる場合があります。
ご希望に添えない場合がありますことを予めご了承ください。
なお、商品は今日中に発送をさせていただきます。
最後までどうぞよろしくお願いいたします。」

まずは購入のお礼をした上で、希望通りに到着ができない場合があることを説明します。

 
その時に「商品ページに記載の通り」と入れるのがポイントです。
 
「最初から配送方法をクリックポストで設定していたので、見落としていたのはあなたですよ〜」とやんわり伝えましょう。笑
 
「予めページに書いていたのにそれでも購入したのはあなたですよ」と伝えることも大事です。
 
それをきちんと理解してもらうことで、クレームが防止できます。
 
だけど、今日中に急いで発送するので許してね。という感じです。
 
 
もしここで「明日の到着は無理です。」と冷たく返信をすれば取引のキャンセルにもつながりますし、その後取引をしても悪い評価をつけられることもあるでしょう。
 
ですが、もう購入してくれた以上、できるだけキャンセルは発生させないのがベストですし、あとは商品の発送さえして評価を付け合えば取引は終わるので、ここは丁重にお断りを入れた上で丁寧にメッセージを返すのがおすすめです。
 
 
一番のポイントは「こちらも急いで今日中に発送して早く手元に届く努力はしますが、希望通りの日時までのお届けは約束できません。ご了承ください」ときちんと伝えることです。

急いでいるユーザーは慎重に対応!後にトラブルにならないように!

以上が、商品の到着を急いでいるユーザーへの対処法についてでした。

 
急いでいるユーザーって意外と多く「そんなに急いでいるならネットで買うなよ・・・」とも思ってしまいます。
 
もし無理してその人と取引をしても、何かあればトラブルにつながるため、「こんなに急いでいる人とは取引したくないな」と思えば購入前のコメント欄で購入を断るのもOKです。
 
その後の自分の評価にもつながりますし、自分を守るためにも取引すべき相手・取引しないほうがいい相手を見極めることが大事です。
 
 
ですが、購入前にしっかり希望通りのお届けが約束できないことを説明すれば、それを分かった上で購入してくれるケースもあります。
 
ユーザーもダメ元で「明日届きますか?」などと聞いてくることもあるので、無理なら無理でそれをわかった上で購入してくれる人もいるので、丁寧に対応することが大事です。
 
トラブルなく取引をするためにも、取引すべきユーザーは見極めるようにしましょう!