3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

メルカリの「売れる時間帯」「売れない時間帯」を知っておこう!これを知れば「メルカリに出品する時間」なんて作る必要はなかったんです♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170627163001j:plain

 

今日はフリマアプリ・メルカリにスポットを当てて出品時間について書いていきたいと思います!

 

メルカリは現在、3500万ダウンロードを突破した人気のフリマアプリです。

 

実はメルカリで商品を出品する際、「売れる時間帯」と「売れない時間帯」があるのをご存知でしょうか?

 

この「売れる時間帯」を把握していないと、「ただ出品した」というだけになってしまい、売れる確率が下がってしまうのです。

 

逆に言えばこの「売れる時間帯」に出品すれば、「出品して3分で売れた!」というラッキーなことも起こりうる話なのです。

 

今日はそんなメルカリの「売れる時間帯」「売れない時間帯」についてご紹介していきたいと思います♪

メルカリには「売れる時間帯」「売れない時間帯」があるんです!

自分がスマホをよく触る時間帯を考えてみる!

メルカリはスマホのアプリから商品を出品・購入することができるため、ユーザーはほぼほぼスマホのアプリからメルカリを利用しています。

 

また、メルカリで商品を探すユーザーは「よし!商品を探すぞ!!!」と意気込んでからメルカリのアプリを開く人数よりも、「暇だしメルカリでも覗くか〜」くらいの暇つぶしの人の人数の方が多かったりします。

 

つまり、ユーザーが「スマホを触る時間帯がメルカリを見ている時間」でもあるのです。

 

 

そのことを頭に入れて、自分に置き換えて考えてみましょう。

 

するとスマホを触る時間が長いのは自然と、①通勤・通学の時間帯、②ランチタイム、③就寝前になるのではないでしょうか?

 

つまり、自分がスマホを触る時間帯は、他の人もスマホを触っている時間帯でもあり、この3つの時間帯はメルカリのアクセスが高まる時間帯でもあるのです。

 

その中でも一番「売れる時間帯」はここ!

上で説明した通り、メルカリでアクセスが上がり売れる時間帯は、①通勤・通学の時間帯、②ランチタイム、③就寝前となります。

 

実はその中でも一番売れやすい時間帯があるんです。

 

みんなが一斉にスマホを見ている電車の中の①通勤・通学の時間帯でしょうか?

 

それともサラリーマンが一人ランチの際、スマホで暇つぶしをする②ランチタイムでしょうか?

 

はたまた1日の仕事を終えてお風呂に入りベッドでくつろぐ③就寝前でしょうか?

 

 

答えは・・・ ③就寝前なのです。

 

理由は、一番落ち着いてゆっくりスマホを見れるからです。

 

通勤通学の時間帯は人によっては満員電車がひどくてスマホをゆっくり見れなかったり、自転車通勤の方もいますよね。

 

また、通勤時間は新聞・本を読む時間!と決めている人もいるでしょう。

 

また、ランチタイムもスマホをゆっくり触れる人は、一人でランチをする人限定になるはずです。

 

つまり、夜の就寝前がどの人も一番、一人でスマホをゆっくり触れる時間帯になるのです。

 

「就寝前」と言っても就寝する時間帯は人それぞれですが、だいたいが22時〜0時頃が一番メルカリのアクセスが高くなると言われています。

 

実際に私の前職のネット通販会社でも一番アクセスが高く売れやすい時間帯は「22〜翌1時頃」でした。

 

メルカリ出品者さんは、この就寝前(22時〜0時頃)が一番メルカリで商品をよく見てもらえ、売れやすい時間帯ということを把握しておきましょう♪

 

実は無理に出品時間を作る必要はないんです♪

「メルカリに出品するとなると出品する時間を無理に作らなきゃいけない・・・」なんて思うかもしれませんが、無理にメルカリのための出品時間を作る必要はないのです。

 

上で説明した通り、メルカリで商品を買うユーザーはだいたいの人が自分と同じ時間帯で生活をしています。

 

就寝前の22〜0時がよく売れる時間帯であれば、自分もその時間帯付近に出品をすればいいだけであって、つまりそれは、自分にとっても就寝前の22〜0時頃はスマホをゆっくり触れる時間帯でもあるはずなので、そのスキマ時間に出品すればいいのです♪

 

「副業」「お小遣い稼ぎ」となると本業以外で時間を取られてしまうイメージがありますが、このメルカリを使った副業なら「自分のスキマ時間」が出品に適した時間になるのです♪

 

このスキマ時間を使って出品作業をやればいいので、時間を取られないというのもメルカリ副業の最大の魅力です!

 

「ユーザーは自分の同じ時間帯で生活をしていて、自分と同じ時間帯にスマホを触っている」ということがわかればメルカリへの時間の使い方も上手になるはずです♪

 

売る商品のターゲットによっては出品時間をズラすのもあり!

上では日中働いている人、学校に通っている人など日中に予定のある人向けの売れる時間帯をご紹介しました。

 

ですが、売る商品のターゲットによっては出品時間帯をズラすのもテクニックなのです♪

 

例えばママさんや主婦さんの場合、通勤通学時間帯はないですし、家事や育児をしていればランチタイムだってズレることもあるのです。

 

実はそういったママさんは、旦那さんや子供を送り出した後のお昼前がスマホをゆっくり触れる時間帯でもあるのです♪

 

ママさんがターゲットのベビー用品などは午前中に出品を済ませるのがおすすめです!

 

つまり「売れない時間帯」はそれ以外の時間帯ということ?

メルカリでの「売れる時間帯」「売れない時間帯」があると説明しましたが、「じゃあ①通勤・通学の時間帯、②ランチタイム、③就寝前以外は出品しても売れないの?」と思ってしまいますよね。

 

もちろん、この3つの時間帯以外が全く売れないというわけではありません。

 

この時間帯以外でもメルカリを見ているユーザーはたくさんいます。

 

ですが、私の経験上、やはりこの3つの時間帯に出品すると見ているユーザーが多いため出品してすぐに売れる可能性が高いです。

 

逆にこの時間帯以外に出品をすると、売れるまでに少し時間がかかるという印象です。

 

メルカリでは商品の並び順が「新着アイテム順」となっているため、新しく出品された商品が優先的に上に並びます。

 

つまり、ユーザーが多くメルカリを見ている時間帯に出品すれば、見てもらえる回数がぐっと増えるので、できる限りこの「売れる時間帯」に出品するのがベストなのです♪

 

 

以上がメルカリの「売れる時間帯」「売れない時間帯」についてでした!

 

自然と自分がスマホを触る時間帯は、他のユーザーもスマホを触っている時間帯でもあるのです♪

 

メルカリで出品をするなら、無理に出勤前や帰宅してすぐに出品するよりかは、一番ゆっくりスマホを触ることができる就寝時間前に、毎日少しづつ出品するのがいいかもしれませんね。

 

この「売れる時間帯」「売れない時間帯」を意識してぜひ出品してみてくださいね!

 

▼メルカリのアプリダウンロードはこちら▼

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
 
 
posted with アプリーチ

▼他にも出品する時間帯に関する記事はこちら▼

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com