3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《フリマアプリ》安く購入できるかも!?購入者が守るべき値下げ交渉のコツ・マナー!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170627165749j:plain

 

こんにちは!ころたんです。

メルカリ、ラクマ、フリルといったフリマアプリでは値下げ交渉というものが頻繁に行われています。
これは最初に提示している価格よりも安くしてもらえないかと購入者が出品者に行う交渉です。

この値引き交渉品ついては出品者側の対応法について過去に記事を書きました。
(値引きの受け方、断り方など)

▼出品者側の値引き交渉の対応法はこちら▼ 

colotanblog.hatenablog.com

今回は購入者側の視点から上手な値下げ交渉法について書きたいと思います!




購入者側の値下げ交渉のコツ・守るべきマナー

①出品者を不快にさせないように


まず大事なことは「常識の範囲内で」ということと「出品者を不快にさせない」ことです。

出品者側からすると提示している価格で売りたいのが本音です。
なぜならその商品を購入した時の価格、どのくらい使用したか、商品状態などをしっかり考えた上で価格をつけているからです。


そんな中、値下げ交渉自体に慣れている出品者が多いため、ある程度の値下げに応じてくれる可能性はあると思われますが、それは値下げ交渉をしてきた相手にいい印象を持った時だけなのです!



失礼な態度な相手には値下げをしてまで売りたくないですよね?
そんな相手とは提示している価格でさえも取引をしたくないですよね?


どうしてもその商品が欲しくて少し値引きをお願いしたいのなら、お願いする立場として横柄な態度は絶対にとってはいけません。
確実に断られますし、購入自体も嫌がられます。


つまり、値下げをお願いする際は出品者に失礼のないようにコメントを残すことが大事なのです。


購入者は値引き交渉の時だけでも腰を低く失礼のない態度でお願いするようにしましょう。


②自分が購入したい金額をしっかり提示する


出品をしているとユーザーから「この商品いくらまで安くできますか?」や「値引きできますか?」などといったコメントが着ます。

ですがこれらのコメントは出品者にとっては迷惑でしかないのです。

なぜならユーザーがいくらまでの値引きを希望しているかがわからないため交渉が成立しづらいからです。


こういったコメントがきた場合、「では◎◎円ではいかがでしょうか?」と私が値引きできる範囲の金額を提示しても「諦めます」「検討します」「予算よりも高いので結構です」などと言われるケースが多々あります。(涙

だったら自分が買いたいと思う金額を提示してこい!!というのが出品者の思いなのです。


そのため、購入者は値引きをお願いする際は自分が購入したいと思う金額を必ず提示することが大事なのです。
上に書いたような「値引き可能ですか?」「いくらまで安くなりますか?」といった漠然とした値引き交渉が一番困ります。

相手を困らせないためにも自分が「このくらいの金額なら買いたい」と思う金額を提示して値引きをお願いするようにしましょう。


③購入希望価格は販売価格の30%オフくらいまで


ではこちらが購入したいと思う金額をしっかり提示すれば出品者は値引きを必ず引き受けてくれるか、といったらそうではありません。
値引きにも限度があるのです。

たまに10000円で販売している商品に対して「これ半額の5000円になりませんか?」「3000円で即決します」などと破格の金額を提示してくるユーザーがいます。

ユーザーからすると少しでも安い金額でものを購入したいのでしょうが、値引きにも限度がありますし、出品者も購入した時の価格や商品状態などをいろいろと考えた上で10000円という金額をつけているのです。

それにも関わらず最初につけた10000円が意味がないくらいに破格の金額を提示されると出品者にとっては絶対に売りたくないですよね。


半額~それ以下で値引き交渉をしてくるユーザーには私は絶対に値引きは受けませんし、その金額の提示は非常識だなと思ってしまいます。


つまり、値引きをしてもいいかなと思ってもらえる金額は、その商品に提示してある金額の30%オフくらいまでだと思われます。


例えば3000円の商品なら2200~2500円くらい、10000円の商品なら7000~8000円くらいではないでしょうか。

そのくらいの値引きなら「引き受けてもいいかな」と思われる範囲だと思いますので、常識の範囲内の金額を提示するようにしましょう。

もし本当に欲しいと思う商品が、自分の予想よりも高い値段で販売されていて自分の希望価格が半額以下だったら、そのユーザーからの購入は諦めて他を探すか、失礼承知でダメモトで半額以下の金額を提示してみるかしてみてください。

④おすすめの値下げ交渉コメント


ではどのような内容の値下げ交渉コメントがベストなのでしょうか?

私が出品者として何度も値下げ交渉をされてきた経験を元に、出品者を不快にさせない値引き交渉コメントをご紹介したいと思います!


はじめまして。
こちらの商品の購入を検討しているのですが、◎◎◎円にお値下げできないでしょうか?
もしお値下げが可能でしたらすぐに購入させていただき、◎日頃にお支払いをさせていただきます。(or売上金ですぐに支払いをさせていただきます。)
ご検討いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。



ポイントとしては下記となります。
・まずは挨拶
・商品が気になっている

(買いたい気持ちがあることをアピール)
・購入したいと思う金額をしっかり載せる
(提示してある金額の30%オフくらいまで)
・すぐに購入する意思を見せる
(コメント逃げはしませんアピール)
・最後の挨拶



コメントの内容が値引き交渉だったとしても、言葉遣いが丁寧で信頼性のある文章であれば値引きを承諾してもらえる確率が高いです。

「◎◎◎円になりますか?」「◎◎◎円で即決します」などといった一言だけコメントしてくれるユーザーもいますが、私の場合、提示された金額の値引きが可能であっても一言だけのコメントは「あまり印象が良くないな」と思ってしまい値引きを断る場合もあります。(相手のプロフィールを見て評価などを加味した上で印象がよくなければ)

値引きをお願いする以上ある程度量のある文章の方が印象も良いです。

少し面倒ではありますが、毎回この値引き交渉コメントをコピペでもOKですので、しっかりと挨拶、金額の提示、最後の挨拶を入れた文章で交渉をすることをおすすめします。



以上が購入者が値引き交渉をする際のコツや守るべきマナーでした!

最初のコメントが失礼だと絶対に値引きはしてもらえないので、値引き交渉の際は出品者に不快な思いをさせないようにしてくださいね。