メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ヤフオクの価格設定のコツ・落札されやすい値段の付け方とは?

スポンサーリンク

ヤフオクの価格設定のコツ・落札されやすい値段の付け方とは?

ヤフオクで商品を出品する際、価格設定に迷ってしまう人は多いでしょう。

 

ヤフオクでは出品者が自由に商品の価格を決められるため、1円からスタートすることもできれば、最初から高い値段で販売することもできるのです。

 

自由であるからこそ、いくらで販売するべきなのかを悩んでしまうかもしれません。

 

そんなヤフオクでの価格設定のコツや落札されやすい値段の付け方などについてご紹介します!

ヤフオクで落札されやすい価格設定のコツや決め方とは?

ヤフオクでは出品者が商品に対して自由に販売価格をつけることができます。

  

最初から自分で決めた価格で販売をすることができ、さらにそこから入札が複数入れば価格がどんどん上がっていくので、最終的にいくらで売れるかはオークションが終了してみないとわかりません。

 

気づけば「スタート価格よりもこんなに高く売れた!」となるのも、ヤフオクの醍醐味です。

 

ですが、「商品の価格の付け方の基準がわからない!」「スタート価格?即決価格?これって何?」という出品者の場合は、どのように価格設定をすれば良いのかわからないでしょう。

 

そんなヤフオクでの販売価格を決めるコツや方法をご紹介します。

ヤフオク内で過去の落札相場を調べる

ヤフオクで商品を出品する際にまず大事になるのは、その商品と同じ商品・類似商品がヤフオクでいくらで取引されているのかを知ることです。

 

過去にヤフオクでどのくらいの価格で落札されているのかの相場を知ることで、売れやすい価格を把握することができます。

過去の落札相場を調べる方法

ヤフオクでは、下記の方法で過去の落札相場を検索することができます。

 

ヤフオク出品画面>価格>右下の「いくらで売れるか調べる」をタップ>調べたい商品のキーワードを入力し検索

 

例えば、売りたい商品がNIKE(ナイキ)のメンズスニーカーであれば、「ナイキ メンズ スニーカー」と検索し、類似商品を探しましょう。

 

すると、このように過去に売れた商品が一覧で並ぶので、同じ商品や類似商品を探して落札相場を確認しましょう。

 

ヤフオク落札相場を調べる方法・価格設定方法

 

また、売りたい商品が中古品であれば中古品に絞り、新品であれば新品に絞り探していきます。

 

商品の状態が悪ければ落札相場が低くなり、新品未使用であれば高い値段でも売れやすいので、同じ商品状態の価格を調べるようにしましょう。

相場に合わせてスタート価格・即決価格を決める 

ヤフオクでの過去の落札価格の相場を確認したら、次はスタート価格と即決価格を設定していきます。

 

ヤフオクはオークション形式の場合は、スタート価格・即決価格の2種類の価格を入力する欄があります。

 

スタート価格・即決価格の違いについては下記となります。

スタート価格:

オークションスタート時の販売価格。つまりこの価格以下で落札されることはなく、最低でもこのスタート価格の金額で落札されます。


即決価格:

オークションの最高入札価格。この価格で入札された時点でオークションは終了となり、その入札者が落札できます。

オークション形式で販売する場合は、スタート価格は必ず入力しなければいけませんが、即決価格は入力しなくても出品は可能です。

 

また、フリマ出品の場合は即決価格のみの入力となります。

 

オークション形式・フリマ出品の違いについては下記の記事を参考に!

 

送料・販売手数料を差し引いても利益は残るのかを考える

ヤフオクでは商品が売れた時に販売手数料が出品者にかかります。

 

これは出品者の販売利益から差し引かれるようになっています。

 

さらに送料込み(送料出品者負担)で販売する場合は、その送料分も考えてスタート価格・即決価格をつける必要があります。

 

つまり出品前に最終的な利益をシミュレーションしてから価格を設定する必要があるのです。

 

例えば、販売価格1000円のメンズのトレーナーを販売したところすぐに売れ、いざ発送しようとしたら宅配便送料が900円だったとします。

 

その場合の計算方法や利益は下記となります。

 

販売価格1000円-販売手数料(8.64%)86円-送料900円=利益14円

 

せっかく1000円で落札されても送料が思いの外高くなってしまうと、利益が数十円、もしくはマイナス(赤字)ということも十分あり得るのです。

 

また、ヤフオクは送料が後からヤフーウォレットで請求されるので、取引完了時点では送料を差し引いていない金額が売上金となります。

 

その後、送料が請求されてから「あの取引は赤字だったのか!」ということに気づくのです。

 

そのため、出品をする前にどんな配送方法を利用するのか、送料がいくらかかるのかを事前に把握しておくことが重要です。

安い値段で販売するなら送料別(落札者負担)へ

ヤフオクで安い価格で出品するのであれば、送料を出品者負担にすると出品者にとっては赤字になってしまいます。

 

それなら送料は落札者負担にして出品しても良いでしょう。

 

ただし宅配便を利用する商品の場合は、送料だけで600円以上はかかるため、送料落札者負担の商品はやはり売れづらい傾向があります。

 

ゆうパケット(おてがる版)クリックポストのような200円程度の送料であれば、送料が落札者負担でも入札してくれる場合も多いですが、送料が高くつくような商品の場合は入札が入りづらくなります。

 

その送料負担も考えた上で、ヤフオクに出品するかしないかを考えた方が良いでしょう。

早く処分したい商品は1円スタートがおすすめ

ヤフオクでは出品者が商品の価格を自由につけられますが、最低販売価格がありません。

 

つまり、オークション形式ならスタート価格を1円、フリマ出品なら即決価格を1円にしても良いのです。

※もちろんフリマ出品で即決価格を1円にしてしまうと利益はないので出品者にとってはメリットはないので注意です

 

またヤフオクでは、1円スタートのオークションはかなり注目されアクセスが増大する傾向にあるため、入札がどんどん入り最終的に相場くらいの価格で落札されることもあります。

 

ですが1円で初回入札されたものの、その後誰からも入札がされずに結局1円で落札されるということも起こる可能性は十分あるので、ゲーム感覚で販売を楽しむなら1円スタートもおすすめです。

 

また、1円スタートにする場合は送料は必ず落札者負担にしましょう。

 

出品者負担にしてしまうと万が一1円で落札されてしまった場合に赤字になってしまいますし、ユーザーも送料負担分も考慮して入札価格を決めて入札するので、送料が落札者負担でも1円スタート商品は入札が入る傾向があります。

1円スタートに向いている商品と向かない商品

ヤフオクではどんな商品でも1円からスタートすることはできますが、実は1円スタートに向いている商品と向かない商品があるので注意です。

 

1円スタートに向いている商品

1円スタートに向いている商品は万人向けの商品です。

 

誰もが必要としていて人気の高い商品であれば、アクセスも集まり自然と入札件数も増えます。

 

その結果、気づけば相場と同じくらいの価格で落札される傾向にあります。

 

例えば下記のような商品が1円スタートに向いています。

・生活必需品

・生活家電

・人気ブランドの商品

また、ずっとヤフオクで売っていたけど全く売れない、利益はいらないから早く処分したいというような商品も利益度外視で1円スタートしても良いでしょう。

 

1円スタートに向かない商品

1円スタートに向かない商品は一部の人しか欲しがらないような商品です。

 

例えば下記のような商品が挙げられます。

・需要の低い商品

・ビンテージ商品

・洋服やファッショングッズでサイズが小さすぎたり大きすぎる商品(XS、XL、レディース靴の25cm以上など)

・カラーや柄が奇抜な商品

・ノーブランドの商品

このような商品は、探しているユーザーの数が低く初回入札が入っても値段は上がらないでしょう。

 

赤字覚悟で1円にするのなら良いですが、利益が欲しい場合は1円スタートはおすすめしません。

ゲーム感覚で楽しめるヤフオクは商品によっては1円スタートもあり

以上が、ヤフオクでの販売価格の付け方やコツについてでした!

 

ヤフオクでは、オークション形式・フリマ形式の2種類で販売することができ、さらに価格は1円から付けられるので、出品者次第で落札金額が大きく変わります。

 

ゲーム感覚で楽しめるのもヤフオクの醍醐味ですので、商品によっては一円スタートでユーザーに楽しんでもらい、最終的に金額を上げてもらうのも良いかもしれません。

 

ですが、販売手数料と送料(出品者負担の場合)はしっかり引かれてしまうので、赤字にならないようにしましょう。

 

いずれにしても出品時にしっかり相場を調べ、どのくらいの価格で売れるのか、送料はいくらかかるのか、赤字にならないかなどを考えてから出品をするようにしましょう。