メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマが販売手数料を3.5%へ変更!その理由にはメルカリが関係している?

スポンサーリンク

ラクマが販売手数料を3.5%へ変更!その理由にはメルカリが関係している?

フリマアプリ・ラクマの販売手数料が3.5%に変更になりました。

 
今までのラクマ(旧フリル)は販売手数料が無料なところが最大のメリットでしたよね。
 
CMでも販売手数料無料を推していたのですが、残念ながらラクマでも販売手数料がかかるようになってしまいました。
(今までのラクマのCMでは「販売手数料無料!」と大きく謳っていましたが、現在のCMでは「販売手数料が安い!」と謳っていますね・・・)
 
 
今日はそんなラクマの販売手数料変更について詳しく書いていきたいと思います!

ラクマの販売手数料が無料が3.5%になった!それはいつから?

2018年6月4日(月) 10:00よりラクマでは販売手数料が無料から3.5%となりました。

(2019年10月1日の消費税値上げにより、3.5%(税抜)となりました。
つまり、3.5%の販売手数料に消費税分が加算されます)
 
販売手数料が変更となる条件は下記となります。
 
『6/4(月) 9:59 までに出品しているか』
『6/11(月) 9:59 までに(購入者が)支払い完了しているか』
 
 
また、下記の場合は販売手数料が異なります。
 
6/4(月) 9:59までに出品した商品:

①支払い完了日:6/11(月) 9:59まで→販売手数料:無料

②支払い完了日:6/11(月) 10:00以降→販売手数料:3.5%

 

また、6/4(月) 10:00以降に出品した商品については全て販売手数料3.5%となります。

ラクマの販売手数料が3.5%になった考えられる理由とは?

今までラクマは販売手数料が無料なことが出品者にとっては最大のメリットでしたが、残念ながらメルカリと同様、販売手数料が有料となってしまいました。

 
その理由についてラクマでは「皆さまのお取引のサポートやお得なキャンペーン企画を強化するために、商品が売れた時に限り、販売手数料として商品価格の3.5%をいただくことになりました。」と書かれています。
 
もちろんメルカリの販売手数料10%に比べれば3.5%はかなり安いですが、販売手数料を無料で運営し続けてもユーザーにとってメリットとなるキャンペーンが一切ないのならメルカリに負けてしまいますよね。
 
実際、メルカリではメルカリチャンネルやらくらくメルカリ便、芸能人の私物が買えるなど様々なキャンペーンや配送などに力を入れているので、ラクマもそこを意識したのかもしれませんね。
 
また、メルカリとラクマではCMの本数も圧倒的にメルカリの方が多いですし、起用している芸能人の数もメルカリの方が圧倒的に多いです。
 
それを見てもメルカリが販売手数料で儲かっているのがよくわかります。笑
 
 
実際、メルカリ・ラクマ・ヤフオクのヘビーユーザーの私からしても、「ラクマは販売手数料を無料にすることよりももっとCMを増やすなり楽天ユーザーを呼び込むなりしてラクマユーザーを増やしてくれないかな〜」と思っていたので、私はこの販売手数料値上げについては大賛成です!
 
最初は「ラクマが販売手数料値上げか〜」と思いましたが、メルカリで1万円の物を売れば販売手数料として1000円持っていかれますが、ラクマで1万円の物を売れば販売手数料が350円なんです。
 
それなら、今後その販売手数料を使ってラクマにたくさんユーザーを集めて今までのよりも売れやすくしてくれるのなら、販売手数料3.5%は断然安いです。

販売手数料3.5%になったラクマも活用してお小遣い稼ぎをしよう

今回のラクマの販売手数料変更で、販売手数料が無料のフリマアプリは現在のところないと思われます。

 

ほぼ全てのフリマアプリが販売手数料がかかるようになりました。
 
ですが上で書いた通り、ラクマの販売手数料が有料になったことで、さらにメルカリに対抗して出品者・購入者共にメリットのあるキャンペーンやサポートが充実することが期待できます。
 
これらのユーザーにとってのメリットがなければ、ラクマに一向にユーザーは増えず、「結局ラクマに出品しても全然売れない・・・」ということにもつながってしまうので(実際に今までのラクマでは全然売れなかった・・・)、私個人的には販売手数料が有料になったことはラクマにとってもいい方向に向かうんじゃないかなと思っています♪
 
また、ラクマはせっかく楽天グループであるので、もっともっと楽天との連携をしてくれれば楽天ユーザーからすればかなりお得に買いやすくなるはずです。
 
今回の販売手数料変更になったことで、よりメルカリに負けないくらいのサービスやサポートが充実することを期待しましょう。