メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

売れる商品画像を撮るなら「100円ショップの白い手袋」を使って!出品者にオススメの売れるテクニックとは?

スポンサーリンク

売れる商品画像を撮るなら「100円ショップの白い手袋」を使って!出品者にオススメの売れるテクニックとは?

今日はメルカリ・ラクマ・ヤフオクで商品を販売する上で、商品画像に高級感・安心感・清潔感をプラスできるテクニックについて紹介したいと思います。

 

出品する商品は人それぞれ異なると思いますが、例えば高級ブランド品や高級化粧品などを販売する際、「商品画像で高級感をプラスできたらもっと売れるのになあ」と思ったことはありませんか?

 

実は、高級ブランド品や高級化粧品などを販売する時は、「安っぽく見えないように画像を撮る」ということがとても重要になり、それが原因でなかなか売れないということにも繋がってしまうのです。

 

高級ブランド品は他の商品と同じように撮影してはいけない

 

高級ブランド品や高級化粧品などに関しては、実は他の商品と同じように撮影をすることはおすすめしません。

 

その理由は、その商品は高級な商品だからです。

 

高級な商品、高額商品を購入する時はできるだけ正規店で購入をしたり、信頼できるお店で購入する人が多いでしょう。

 

それと同じで、メルカリやラクマ、ヤフオク等でも、出品者は高級な商品こそ丁寧に扱わなければいけないですし、さらに言えば「この出品者はきちんとしている人」と購入者に思ってもらうことがとても重要となります。

 

高い商品だからこそきちんとした人から購入したい、丁寧に扱っている人から購入したいと思うのは当たり前のことです。

 

 

また出品者からしても、高級な商品であるのに「商品画像を撮ってみたけどなんだか安っぽく見えてしまう」「商品は元々高いものなのに画像だとそう見えない・・・」「写真のセンスがないのかな・・・」と思ってしまうことがよくあると思います。

 

そんな時、多くの人がやってしまいがちなことが「あること」が原因で高級感も出せずになかなか商品が売れていないということがあります。

 

画像に高級感を出すための超重要なテクニックとは?

 

その多く人がやってしまいがちな「あること」とは一体なんなのでしょうか?

 

また、「あるアイテム」をプラスするだけで商品画像に高級感・安心感・清潔感をプラスすることができるので、そのアイテムについてもご紹介します!

 

高級な商品は商品を素手で触るのは良くない

多くの人が出品する商品を撮影する際、商品を素手で触って撮影していると思います。

 

実は中にはこれが原因で商品の購入をためらってしまうユーザーもいるのです。

 

▼例えばこんな感じ▼

f:id:colotanblog:20170712154326j:plain

このバッグはある有名ブランドのバッグなのですが、例えばメルカリで3万で販売されていたとします。

 

ですが、思いっきり出品者が商品を手に取っている画像が使用されていた場合、中にはこの「商品を素手で触ること」に抵抗感を持ってしまうユーザーもいるのです。

 

「そんなこといってもそもそも中古品なんだからバッグを使っていた時は素手でしょ!」って感じなんですけどね。笑

 

ですが実際に出品者の素手で商品を触っているところを見ると、「少し買う気が失せる」という方が中にはいるようなんです。

 

かといって商品によってはしっかり手で支えないと上手に画像が撮れない場合もありますよね?

 

ではどのように商品を支えて撮影すればいいのでしょうか?

 

そんな時こそ「白い手袋」がおすすめ!一気に高級感アップ 

そこでおすすめなのが白い手袋を着用することです。

 

▼白い手袋を着用して撮った写真がこちら▼

f:id:colotanblog:20170712154341j:plain

先ほどの素手で商品を触っている写真よりも高級感がプラスされていませんか?

 

実際に商品を使っていた時は素手で触っていたとしても、撮影の時だけでも白い手袋を着用して商品を触ることで、高級感も出る上に出品者に対しての安心感が生まれるのです。

 

「こうやって大事に商品を扱ってきたんだな」「きちんと手袋をはめた上で撮影をするマナーのある出品者」と思ってもらえるはずです。

 

ですが、「えーわざわざ手袋を買わなきゃいけないの?」と思ってしまいますが、実はこの手袋は100円ショップで売っているんです!

 

綿100%の手袋を探せば絶対に100均に置いてあります。

 

ちなみに私は冬場にめちゃくちゃ手荒れがひどくなるので、寝る前にハンドクリームをたっぷり塗った上でこの手袋をはめて寝ているのですが、出品の時だけこの手袋を引っ張り出して撮影に使っています。笑

 

なので撮影の時だけでなく、女性にありがちな手荒れの時にも使える手袋なので買って損はないと思いますよ!笑

 

商品のサイズを表す画像にも白い手袋がおすすめ

高級ブランド品などでなくても、商品によっては大人の手に対して商品がどのくらいの大きさなのかを示すために、商品を手に取って撮影することもあると思います。

 

そんな時でも白い手袋をはめた上で商品を撮影するようにしましょう!

 

▼例えばこんな感じ▼

f:id:colotanblog:20170712154412j:plain

この商品の場合だと、人気ブランドMAC(マック)の口紅なのですが、サイズを「◎×◎cm」と説明文に書いていても、文字だけではピンと来ませんよね?

 

その場合、商品を手に取ってどのくらいの大きさかを目で見て確認してもらうことも大事だったりするのです。

 

そんな時でも白い手袋をはめた上で商品を手に取れば、ユーザーに安心感・清潔感を感じてもらえるはずです。

 

高級ブランド品に限らず、マナーのある販売をする上では白い手袋をはめて撮影をするだけで高級感、清潔感、安心感を演出できるので、白い手袋は本当に活躍するアイテムなのです。

 

たった100円で高額商品が売れるかも!?

 

以上が私がおすすめする「商品画像に高級感をプラスするテクニック」でした!

 

100円ショップでこのアイテムを揃えるだけで商品画像ががらっと変わりますよね?

 

フリマアプリ・オークションユーザーは全員が「安心できる人」「マナーのある人」「清潔感のある人」から商品を買いたいはずなんです。

 

ですので少しでもユーザーにそう感じてもらい売上アップにつなげるためにも「白い手袋」はぜひ活用してみてくださいね。