メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

実は配送補償がない!?安さが魅力の定形郵便・定形外郵便・クリックポストの配送リスクを考えて!

スポンサーリンク

実は配送補償がない!?安さが魅力の定形外郵便・クリックポストの配送リスクを考えて!

荷物を送る手段として、たくさんの配送方法が存在しますが「実は便利だけど気をつけなければいけない配送方法」があるのをご存知でしょうか?

私は基本的には荷物が届いた・届いていないなどの配送トラブルを避けたいので荷物の追跡番号がついている配送方法しか使わないのですが、追跡番号をつけていてもトラブルにつながりかねない配送方法があるのです。


そのトラブルにつながりかねないとは、「いくつかの配送方法には配送補償が付いていない」ということです。

 

実は配送補償がついていない配送方法

配送方法を選ぶ際、「便利で格安」というだけに惹かれて利用している人は多い思いますが、実は人気の配送方法の中には配送補償がついていない配送サービスもあるのです。

クリックポスト

クリックポストとは一言でいうと日本郵便がやっているメール便です。

 

クリックポストの特徴
・日本全国一律185円(税込)

追跡番号が発行されるので荷物の追跡が可能
・ポスト投函
・荷物は重量1kgまで
・サイズは長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下
・信書、現金の送付不可
・配送ラベルは自分で印刷。家にプリンターがない場合はコンビニなどで印刷をする
・発送もポスト投函でOK


A4サイズ(34×25cm)×厚さ3cm、重量1kg以内の荷物を送るのに便利な配送方法です。


また、送料は全国一律185円と安いのが魅力です。

さらに追跡番号もついているので、荷物がなかなか届かないなどの時にその追跡番号を使って調べれば荷物が今どのような状況なのかがわかりとっても便利です。

配送補償がついていないことがHPにも記載あり

送料が安くて追跡番号がついて便利なクリックポストですが、クリックポストは荷物の破損や紛失があった場合の配送補償がついていないのです。

日本郵便のHPにも、下記のように書いてあります。

 

1, 荷物が破損していた場合はどうすればよいですか?
→お近くの郵便局にお問い合わせください。

2, 荷物が汚破損していた場合、損害賠償の対象となりますか?
→荷物の内容品についての損害賠償は行いません。
※クリックポストを亡失または毀損した場合であって、郵便局が責任を負うべき事由があるときは、その運賃相当額を返還します。


つまり、配送中に荷物が無くなってしまったり汚れていた場合でも、運賃分しか返還してくれないため商品自体の弁償はないのです。

 

 

 定形郵便・定形外郵便

定形郵便・定形外郵便とは、日本郵便が行っている郵便サービスです。

 

荷物の大きさや重量によって、定型郵便と定形外郵便に分かれ、一般的な手紙などの郵便と同じように郵便で配達されます。

 

重量のある商品は定形外郵便には向いていませんが、サイズは大きいけどかなり軽いものなら定形外郵便で発送するのが一番安かったりします。

私が過去に定形外郵便で発送した商品はぬいぐるみやウエストポーチ(小さく畳めないタイプ)などです。

 

ここではメルカリやラクマ、ヤフオク等でよく利用する「定形外郵便」にスポットを当てて特徴をご紹介していきます。

 

定形外郵便の特徴
縦+横+厚み=90cm以内の荷物
・荷物の重量が4kg以内のもの。
・ポストに入るものはポストに入れておいてくれるが、入らないものは対面でお届けしてくれる。


また、定形外郵便の場合は何もお願いしないと追跡番号がついていないため、「特定記録でお願いします」と窓口で言わないと追跡番号が付かないようになっています。

特定記録をつけると+160円かかってしまいますが、それでも荷物トラブルに備えて追跡番号(特定記録)はつけることをおすすめします。

定形外郵便も配送補償なし

この定形外郵便(定型郵便)も追跡番号(特定記録)をつけても残念ながら配送補償がついていないのです。

こちらもクリックポストと同様、もし配送中に荷物が紛失してしまったりしても一切日本郵便からの商品代金の返還などはありません。


ですが、もし心配な方は窓口で「書留」をお願いすれば万一、定形外郵便で発送した荷物の破損・届かないなどのトラブルがあれば損害要償額の範囲内で実損額を賠償してくれます。

ただし場合によっては定形外郵便の送料+書留の料金が宅配便で発送するよりも高くついてしまう場合があるので、その場合は宅配便で発送することも検討しましょう。

 

商品の金額によっては宅配便を利用しよう

上で挙げたクリックポスト、定形外郵便はどちらの配送方法も送料が安いので仕方ありませんが、最悪の事態も考えるとあまり高価な商品を発送するのは危険だったりします。

私は基本的には4000円くらいまでで購入・落札された商品しかクリックポストや定形外郵便を使っていませんし、1万円以上するような高価な商品はどんなにサイズが小さくて軽くてもきちんと配送補償のある宅配便で発送するようにしています。

商品によってクリックポスト・定形外郵便で送るものと宅配便で送るものを使い分けるのがおすすめです。

ですがこの2つは送料を安く抑えられる優秀な配送方法でもあるので、商品の金額に合わせてうまく利用することが大事です。