メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリ・ラクマ・ヤフオクで売れない理由は商品名&説明文にある?検索ワードを確認しよう!

スポンサーリンク

メルカリ・ラクマ・ヤフオクで売れない理由は商品名&説明文にある?検索ワードを確認しよう!

今日はメルカリやラクマ、ヤフオクなどでなかなか商品が売れない時の対処法について書きたいと思います。

過去には画像を見直してみる、再出品をしてみる、価格を見直すなども書きましたがそれでも売れない!という商品ってあるんですよね。

そんな時、実は商品名に入っているワードを見直す必要があるかもしれません。

ワードって何?ワードはどう重要なの?


ワードとは単語、つまり検索ワードのことです。

メルカリ・ラクマ・ヤフオクでは下記のような方法で、ユーザーが商品ページにたどりついているのです。

(1) カテゴリーから商品を辿っていく

(2) 新着アイテム一覧に表示されている商品をクリック
(3) 検索窓からワードを入れて商品を検索する


この3通りでしか商品ページまでたどりつく方法がありません。


ですが、(1)のように地道にカテゴリーを一つづつ選択してたどる人はごくわずかです。


むしろそんな作業をしてまで商品を探す人はいないに等しいと思われます。

また、(2)のように新着商品で表示された商品をクリックしてくる人もいますが、新着商品としてメルカリやラクマのトップに表示されるのは出品してすぐの話です。

メルカリでは毎日莫大な数の商品が出品されているので、新着商品に表示されている時間はほぼないと思ったほうがいいです。

また、その時間にリアルタイムでフリマアプリのトップを見ている人しか商品にたどり着くことができないため、ここから入って瞬時に購入まで至る人は相当欲しい商品を見つけたか、相当安い価格でものを売っているかしか考えられないので、これも確率は低いと思われます。


つまり、ユーザーが商品にたどり着く方法は9割以上が検索なのです。

その際に検索されそうなワードを事前に考えておいて商品ページに盛り込む必要があるのです。

ですが、その検索ワード入れをしっかりできていないといつまで経っても売れないということが起こってしまうのです。

なので、検索ワードは盛り込めば盛り込むほど検索に表示される確率も上がり、売り上げにつながるのです。


売れない商品にしっかり検索ワードが入ってるか確認する!

例えば、下記の内容でレディースの長袖シャツを販売するとします。

商品名:
レディース シャツ
商品説明文:
レディースのシャツです。1回着ただけで新品同様です。Mサイズです。


さて、この商品はしっかり検索ワードを盛り込めていると思いますか?

私的にはこの商品ページは100点満点中5点です。


この内容で商品を販売した場合、ワード検索でヒットするだろうワードは「レディース」「シャツ」「新品」「Mサイズ」だけですよね。


上の①で説明した通り、検索されそうなワードは商品名、商品説明文に盛り込めば盛り込むほどあらゆるワードで検索にヒットされやすく、ユーザーに見てもらえる回数も多くなります。

ですがこの内容では検索されそうなワードが4つしか入っていないため、せっかく商品が素敵なものでもこれでは検索にヒットする回数がかなり少なく、本当にこの商品を欲しがっている人に見てもらえる回数が低くなってしまいます。


さらに検索ワードを入れるとしたらどんなワード?

ではさらにワードを盛り込むとしたらどんなワードを盛り込めばいいのでしょうか?

それを把握する一番手っ取り早い方法は、出品しているサイトで自分でその商品を検索してみることです。


頑張って検索してその商品を検索で表示してみましょう!

ですが、②で例を挙げたような商品名、商品説明文の場合、「レディース シャツ」で検索してかなりスクロールしない限り、検索にヒットしないと思われます。

なぜなら「レディース シャツ」と商品名や説明文に入っている商品なんて腐るほど出品されているからです。



また、その商品が出品してから日が経っていればいるほど新しい商品に埋もれてしまい、かなーーーりスクロールしない限りその商品は表示されないはずです。

しかもシャツと一言で言ったって、世の中にはいろんなシャツがあるのです。


もし自分がこの商品が欲しくて商品を検索する場合、どのような検索ワードを入れるのかを想像してみましょう。

例えば「レディース シャツ」の他にも下記のような検索ワードがあるでしょう。

 

「レディース 長袖シャツ」

「レディース ブラウス」

「レディース ブラウス 長袖」

「レディース 前ボタン シャツ」

「レディース 襟付き シャツ」

「レディース アウトドア シャツ」

「レディース シャツ ボーダー」

「レディース 白シャツ」

「レディース Vネック シャツ」・・・


などなどシャツというだけでユーザーが入力するであろうワードがかなりあるのです。


もしあなたが売っている商品がボーダーでVネックのシャツだったとしても、②のような商品名、説明文で販売していれば「レディース  ボーダー シャツ」「レディース Vネック シャツ」という検索ではヒットしないのです。

なぜなら商品名、もしくは商品説明文に「ボーダー」と「Vネック」というワードを入れていないからです。

 


これって非常にもったいないです!!!


また、「レディース」だけでなく「女性用」「女性サイズ」などの検索もあるかもしれませんよね?

そのような「ユーザーがこの商品を探すときに検索するであろうワードを商品名や説明文に入れてしまえば、それらのワードも拾うことができ検索にヒットしやすくなるのです。


検索ワードが浮かばない時は通販サイトを参考にしてみる


出品初心者さんなら、その商品に対してどんな検索ワードを入れたらいいかがわからないですよね。
適当なワードを入れたところで「果たしてそのワードで誰が検索するのか?」と考えると、無理やりワードを入れても意味がない場合もあるのです。


そこでおすすめするのが通販サイトの商品ページを参考にすること。

例えば楽天内で「レディース 長袖シャツ」などのその商品に近いワードを検索してみましょう。

そこから並んだ商品を入ってみると、商品名に検索ワードを盛り込んでいるショップがたっくさんあるのです。

▼こんなかんじ▼

f:id:colotanblog:20170712161044p:plain



もしこの商品が売りたい商品に近ければ「チェック」「起毛」などのワードが参考になりますよね。

楽天内で検索で上位にヒットするということはユーザーが検索するであろうワードがしっかり商品名や説明文に入っている証拠なのです!

これはメルカリ、ラクマ、ヤフオクなどでもぜひ参考にして欲しいです。



「再出品を何度かして検索の上位表示を狙ってもそれでも売れない」という時は盛り込んでいる検索ワードに問題がある場合が多いです。

ぜひ一度売れない商品のワードを見直してみましょう!