メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマで写真の枚数を追加する方法があった!商品画像を4枚以上登録したい時の裏ワザとは?

スポンサーリンク

ラクマで写真の枚数を追加する方法があった!商品画像を4枚以上登録したい時の裏ワザとは?

メルカリヤフオクPayPayフリマでは商品画像を10枚登録することができますが、ラクマでは商品画像が4枚までしか登録することができません。

そのため、画像を4枚以上登録したい場合に全ての画像を載せることができず、どの画像を選ぶかを悩んでしまう出品者さんは多いはずです。

 

ですが、ラクマで画像を実質4枚以上を登録することができる方法があります!

 

その方法を使えば、載せることのできなかった写真も全て載せることができ、情報量が増えることでさらに商品が売れやすくなります。

 

そんなラクマで、商品画像を4枚以上登録する方法についてご紹介します。

ラクマで写真の枚数を追加できる!4枚以上画像を登録する方法とは?

ラクマは残念ながら他のフリマアプリに比べると、登録できる写真の枚数は少ないです。

 

たった4枚しか商品画像が登録できないとなると、出品者さんは画像選びに困ってしまいます。

商品写真4枚でネットで商品を買うのは難しい

ラクマでは商品画像が4枚しか登録ができないことで、ユーザーにとっては購入を決めづらい部分があります。

 

特に高級ブランド品などの高額商品は、画像4枚だけでは購入ができない人は多いです。

 

例えば、5万円のバッグを購入する時に目で見える情報が4種類しかないとなれば、やはりユーザーは不安になります。

 

バッグを販売する時に画像が4枚しか載せられないとなると、バッグ全体を撮った写真、ファスナーを開けたバッグの内側部分、全体の柄のアップ、バッグ底面くらいしか載せることができません。

 

そうなると、ユーザーからすれば「もっとこの部分をアップで見たいのに・・・」「金具の部分はどんなデザインかを知りたい」「中の内ポケットがあるかを見たい」など、購入をするには決めきれない部分が出てきてしまうのです。

ラクマで写真枚数を増やすなら画像加工アプリを使おう!

そんな写真を4枚までしか登録ができないラクマで出品をする時におすすめの方法は、画像加工アプリ(画像コラージュアプリ)を使って商品画像を増やすことです!

 

写真文字入れ·画像コラージュ - Perfect Image
写真文字入れ·画像コラージュ - Perfect Image
開発元:TongShuo
無料
posted withアプリーチ

今までのラクマで登録していた商品写真イメージ

では例として、下の財布を4万円でラクマで販売するとします。

 

この画像コラージュアプリを使わず、通常通りスマホで撮った写真をラクマに載せると下記のようになります。

メイン画像

f:id:colotanblog:20170712162737j:plain

詳細画像3枚

f:id:colotanblog:20170712162946j:plain

 

f:id:colotanblog:20170712163045j:plain

 

f:id:colotanblog:20170712163102j:plain


現在のラクマではこの4枚の写真しか載せられないのです。

この画像4枚だけで4万円の財布を買おうと思いますか?

これはユーザーにとっては、ギャンブルに近い買い物になるはずです。

上の写真では、財布の表、ジッパーを開けた中身の全体、カード入れアップ、財布の裏側を写してはいますが、これだけでは購入意欲はわきませんよね。

 

ユーザーにとっては、他にも購入前に見たい情報はきっとあるはずです。

写真加工アプリを使って枚数を増やした商品イメージ

では次に、上の写真コラージュアプリで写真枚数を増やした商品画像がこちらです。

メイン画像

f:id:colotanblog:20170712162737j:plain

詳細画像3枚

f:id:colotanblog:20170712163119j:plain

 

f:id:colotanblog:20170712163140j:plain

 

f:id:colotanblog:20170712163102j:plain


いかがですか?

1枚目と4枚目は最初に紹介した画像と同じであっても、2枚目・3枚目に商品を様々な角度から撮ったコラージュ画像にするだけでとても印象が変わるはずです。

 

つまり、ユーザーにとっては加工後の写真は一つ一つの画像が小さかったとしても、元々の商品画像よりも目で見える情報量が増え購入意欲が上がるのです。

 

この方法は、実際の画像枚数は4枚であっても、実質10枚近くの画像を載せることができるため、ラクマ出品者さんにはおすすめの裏ワザです。

メイン画像にはコラージュアプリは使ってはいけない

ただし、この画像コラージュアプリを使う際の注意として、1枚目はメイン画像になるため、枚数加工をしたコラージュ画像を載せてはいけません。


この1枚目のメイン画像は、ラクマで商品が一覧に並んだ時に使われる画像となるため、加工をしたものではなくシンプルに商品全体がわかる画像を選ぶようにしましょう。

ユーザーが知りたいのは商品説明文よりも商品画像

ここで大事になるのは、ユーザーが知りたい情報は商品説明文よりも商品画像だということです。

 

例えば、全く同じ商品2つが下記のようにラクマで販売されていたとします。

①商品説明文は長々と丁寧に書かれているが商品画像が1枚のみの商品

②商品説明文は「新品です」のみだが画像が10枚分の商品

 この場合、どちらの商品を購入したいかと聞かれたら、多くの人が②を選ぶはずです。

 

その理由は、どんなユーザーも商品説明で長々と詳しく説明されるよりも、目で見える情報の方が安心できるからです。

 

たとえ商品説明文が一言だけであっても、丁寧に細かいところまで商品の画像を載せてくれている方が、ユーザーは安心し購入に至りやすくなります。

 

そのためにも、ラクマではコラージュアプリを上手に使って、目で見える情報を増やしてあげる必要があるのです。

ラクマで写真枚数を実質4枚以上にするにはコラージュアプリがおすすめ

以上が、ラクマで商品画像を4枚以上登録する方法についてでした!

 

ラクマでは商品画像が4枚までしか選べないため、やはり出品者としてはストレスでもあります。

 

「この写真も載せたかったのに・・・」と泣く泣く諦めた商品写真もあるかもしれません。

 

ですが、上でご紹介した画像コラージュアプリを使えば、実質4枚以上の画像を載せることができるため、ユーザーも安心して購入に至りやすくなります。

 

「自分が購入者ならどの部分まで見たいか」を考えて、できるだけ多くの画像を載せるようにしてみてください。