3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《メルカリ体験談》他の出品者が私の画像を使って販売している!画像の無断使用は禁止です!そんな時の対処法など。

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20181005122206j:plain

 

こんにちは!ころたんです。
 
今日はメルカリで「え?これ私の画像だよね・・・?」という体験をしたので書いてきたいと思います。
 
メルカリやラクマ、ヤフオクでは出品禁止商品でない限り、自由に商品を販売することができます。
 
そして販売に使う商品画像も枚数に制限はあるとしても、「こういう画像じゃなきゃダメ!」という制限は特になく、自分で商品を撮影していればどんな画像であっても出品できてしまいます。
 
 
ですが、そんな商品画像を巡って「おい!これ私の画像だけど!」という体験をしました。
 
ぜひ聞いてください。笑
 
 

他のユーザーが私の商品画像を使って出品している!なんでほかの人の画像を使うのか?そんな時の対処法など。

おいおい。これどうみても私が撮影した画像だけど。

 

以前、メルカリで新品未使用の化粧品を販売しました。
 
某ブランドの化粧水・乳液セットだったのですが、人気ブランドということもあり私以外にも同じ商品を出品している人が多くいました。
 
そこで私も自分で商品を撮影をし販売していました。
 
出品後は続々といいね!がつき、コメントが入ったのでコメントを返信して、ふと下にスクロールをすると、その商品の関連商品がずらっと並んでいたので見ていました。
 
すると、その中にどう見ても私が出品したこの商品と全く同じ商品が出品されていました。
 
 
私がこの化粧品の商品を撮影した際、家の壁を背景に商品を撮影したのですが、その怪しい商品もどう見ても商品の背景に写ってる壁の模様が同じ。
 
てかそれうちの壁。
 
その後の私が手に持って細かい部分を撮影した画像も全く同じ。
 
結果、商品画像4枚とも全く同じ。
 
 
どう考えても私の画像使われている!!!
 
しかも私よりも少し安い値段で売ってやがる!!!
 
 
もちろん他のユーザーが出品している商品画像を無断で使用することは禁止です。
 
メルカリの禁止行為の中にも「他会員の写真、文章などを無断で使用すること」と書いてあるため規約違反にあたることはもちろん、著作権法などにもあたると思われますので、絶対にやめましょう。
 
即その出品者に連絡!対応してもらうことに成功。

 

「これはむかつくぞ」と思い商品ページのコメント欄に
 
「突然のコメントで申しわけありませんが、私の商品画像を無断で使用していますよね?
非常に困りますのですぐに商品の削除、もしくはご自身で撮影された商品画像に変更してください。」
 
と入れたところ、コメントはもちろん無視&即削除されましたが、商品画像をオリジナルで撮影したものに変更してくれました。(「くれました」って言い方も変ですが。笑)
 
 
全く同じ商品だからといって他のユーザーからパクってきた画像を使うのは良くないですよね。
 
私だって時間をかけて撮影しているんだから、あんたも自分オリジナルで撮影をしなさい!という感じです。
 
 
なぜ使われたのか?分析してみる。

 

なぜ他のユーザーが私の商品画像を使って同じ商品を出品したのか。
 
冷静になっていろいろ分析してみました。
 
 

私が考える理由① ただ単に商品の写真を撮るのがめんどくさい

まあ出品者なら誰でもあることです。
 
確かに「売れるように&わかりやすいように」って考えながら商品を並べて、明るさも調整しながら撮影をするのって結構な時間とパワーが必要です。
 
ただ単にめんどくさかったというのもまあ頷けます。
 
 

私が考える理由② 新品商品だから他の新品商品と状態が同じ

中古品であればどのくらい使用したのか、どの辺りに傷や汚れがあるかなどその商品によって状態が違うので、説明文以外でも傷や汚れ等の画像を載せるべきですが、新品未使用品の場合、特に汚れや傷もないならどんな商品かが画像で分かれば十分です。
 
むしろメイン画像1枚だけでも売れるでしょう。
 
つまり、他のユーザーが全く同じ新品を販売していて商品状態が同じであれば、そこから画像を盗んでその画像を使って販売しても、特に大きなトラブルにはならないということなのです。
 
 

私が考える理由③ 私がとてもきれいに商品を撮影していたから♪←おい

「この人撮り方じょうず!」と思ってくれたのでは???←おい
 
 
もしパクリユーザーが対応してくれない場合は事務局に相談も!

 

今回の場合は、私は自らそのユーザーに「やめてくれ!」と言ったことでその出品者もすぐに対応してくれましたが(謝罪はないが)、中にはやめるように言っても無視して販売し続けるユーザーもいるでしょう。
 
そんな時は各サイトの事務局に相談するようにしましょう。
 
お問い合わせから事務局へ連絡することができます。
 
 
このように誰でも出品ができてしまう自由なサイトであるからこそ、こういったトラブルもあるのです。
 
 
今回の件は、メルカリやラクマ、ヤフオクの規約違反にあたる話なので、もし遭遇した場合はすぐに対応してもらうようにしましょう!
 
 
▼こちらの記事も参考に!▼