3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《ラクマ》本人情報確認が必須に!ラクマで出品をするなら生年月日まで必ず登録を♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20180901115515j:plain

 

こんにちは!ころたんです。
 
今日はラクマ(旧フリル)が本人情報確認が必須になったことについて書いていきたいと思います。
 
ラクマでは今までは50,001円以上の商品を出品する際にしか本人情報確認は必要ありませんでしたが、初回の出品時に本人情報確認が必要となりました。
 
つまり、ラクマでは本人情報確認の登録をしないと出品自体ができなくなったのです。
 
今日はそんなラクマの本人情報確認が必須になったことについて詳しく書いていきたいと思います!
 
 

ラクマで本人情報確認が必須に!ラクマで出品をするなら必ず登録を♪

ラクマの初回出品時には本人確認が必要に!

 

上で書いた通り、今までのラクマでは50,001円以上の商品を出品する際にしか本人情報確認は必要ありませんでしたが、2018年7月9日より初回の出品時に本人情報確認が必要となりました。
 
過去に本人確認の登録を済ませている方は新たに登録する必要はありませんが、生年月日の項目が追加になっているので、未設定の方は生年月日も登録するようにしましょう。
 
 
「購入でしかラクマを利用しない」という方は本人確認は必要ありませんが、出品もする方は必ず本人確認をしましょう。
 
また、この本人確認は出品のたびに本人確認が必須なのではなく、初回の出品時のみとなります。
 
 
登録した本人情報についての注意!

 

登録した本人情報については下記のような注意点がありますので、必ず把握しておきましょう。
 
 
・登録した氏名・住所は、商品を購入した際の配送先として出品者に公開される
・本人確認など、登録した情報を事務局に確認される場合がある
虚偽の情報を登録する行為は、利用規約にて禁止
・一度登録した生年月日は変更不可
・登録の生年月日に誤りがある場合には、ラクマお問い合わせフォームで連絡が必要
 
 住所や氏名はその場で変更が可能ですが、生年月日のみ一度登録すると変更できないようになっています。
 
もし誤って登録してしまった場合は、ラクマ事務局へのお問い合わせフォームからその旨を連絡をしましょう。
 
 
虚偽の本人情報を登録したらどうなる?

 

今回のような本人情報登録の際に、嘘の情報を登録した場合、利用停止や強制退会などのペナルティーが課される場合があります。
 
その理由として挙げられるのは、もし虚偽の住所や氏名を登録してしまうと、購入者のお届け先に商品を発送したのに住所不明で出品者に荷物が戻ってきてしまったということにもつながります。
 
また、何か問題があった際に事務局が本人情報を確認しようとしてもユーザーの確認が取れないということも発生します。
 
荷物の未着はユーザー同士のトラブルの元になりますので事務局としてもそれは防ぎたいはずです。
 
 
また、旧ラクマと旧フリルが統合して現在のラクマになったことやCMの露出が増えたことで、ラクマのユーザー数が以前よりも増えているため、安心・安全に新ラクマを利用してもらうためにも仕方がないことかもしれませんね。
 
 
面倒だけど安全な利用のためにも本人確認を!

 

以上がラクマの本人情報確認が必須になったことについてでした!
 
「本人確認とかいいから早く出品させて!」と思うかもしれませんが、本人情報確認はメルカリでもヤフオクでも行われている作業です。
 
少し面倒かもしれませんが、安全にラクマを利用するためにも初回出品時にはしっかり本人確認を終わらせましょう。
 
また、購入者からしてもしっかり本人情報を事務局に提出している出品者から商品を購入したいはずです。
 
 
安心・安全で円滑な取引をするためにも、本人確認は必須なのかもしれませんね。
 
 
▼ラクマの本人確認についてはこちらも参考に!▼