3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

メルカリNOW・メルカリメゾンズ・teachaが次々とサービス終了!その理由&今後はどうなる?

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20180811105651j:plain

 

こんにちは!ころたんです!

 
フリマアプリ・メルカリの「メルカリNOW」がサービス終了となってしまいましたね。
 
また、それと同時にメルカリの姉妹サイトのブランド品に特化したフリマアプリ「メルカリメゾンズ」「teacha」もサービス終了となってしまいました・・・
 
これら3つのサービスって結局なんだったのか?なぜこれらの3つの始まったばかりのサービスが終了となってしまったのか?について今日は詳しく書いていきたいと思います!
 
 

メルカリNOW・メルカリメゾンズ・teachaが次々とサービス終了!その理由とは?

メルカリNOWとはどんなサービス?

 

メルカリNOWはフリマアプリ「メルカリ」の中のサービスで、売りたいアイテムの写真を撮影するとすぐに査定金額が表示され、その査定金額でメルカリ事務局が買取をしてくれるというサービスです。
 
その買取金額はメルカリの売上金として支払われるため、売上金として自分の銀行口座に振り込みが可能となっています。
 
メルカリで物を販売してお小遣い稼ぎをしようとなると、アイテムを撮影して商品説明文を書いて出品し、さらにそこから売れるのを待たなければいけないですし、取引相手とのコメントのやりとりや発送作業が必須となるため面倒な点も多々ありますが、メルカリNOWなら家にいながらメルカリに不用品を買取をしてもらえるので「めちゃくちゃ楽!!」とネット上でも大評判のサービスでした。
 
 
そんな人気のサービス「メルカリNOW」がなぜサービス終了に?

 

メルカリNOWはメルカリユーザーからも評判のいいサービスだったようですが、2018年8月20日(月)をもってサービスを終了すると発表がありました。
 
メルカリのアプリ内ではなぜサービス終了となるのかについては全く書かれていませんが、私個人的にはメルカリNOWにとても似たスマホアプリ「CASH(キャッシュ)」が影響しているのではないか?と思っています。
 
CASH(キャッシュ)
CASH(キャッシュ)
posted withアプリーチ
CASH(キャッシュ)は、メルカリNOWと同様、家にいながら売りたいアイテムを撮影するだけで査定金額が表示され買取をしてもらえるというサービスです。
 
 
▼CASH(キャッシュ)について詳しくはこちら▼

www.colotanblog.com

 

CASH(キャッシュ)がリリースされてからメルカリがCASH(キャッシュ)を追いかけるようにメルカリNOWをスタートしました。

 
また、CASH(キャッシュ)とメルカリNOWはサービス内容はほぼ同じですが、CASH(キャッシュ)の買取の最低金額は1000円〜となっていますが、メルカリNOWで査定をすると同じ商品でも査定金額が1000円以下となることも多かったようで、買取金額の面からしてもCASH(キャッシュ)には及ばなかったようです。
 
メルカリNOWよりもCASH(キャッシュ)の方が査定金額が高いという点からメルカリNOWユーザーがCASH(キャッシュ)に流れてしまったのかもしれません。
 
 
メルカリは元々、出品者から販売手数料を徴収することで利益を得ていたと思われますが、似たようなサービスのCASH(キャッシュ)が既にある上に、わざわざメルカリNOWでユーザーから商品を高い金額で買い取ってまでサービスを続ける理由がなくなったのかもしれませんね。
 
メルカリメゾンズもなぜサービス終了に?

 

メルカリメゾンズはメルカリの姉妹アプリで、株式会社メルカリのグループ会社である株式会社ソウゾウが、2017年8月21日に「メルカリ メゾンズ」を提供開始しました。
 
 
▼メルカリメゾンズについて詳しくはこちら▼

www.colotanblog.com

 

この「メルカリ メゾンズ」はブランド品の売買に特化した、ブランド査定付きのフリマアプリです。


メルカリ内の過去の販売実績や中古市場などのデータを利用することで、出品したいブランド品の写真を撮影し、商品状態等を入力するだけで売却価格の相場を自動査定できるのが特徴でした。

 

ですが、結局メルカリの出品に手慣れたユーザーがメルカリメゾンズを使って出品をすると、「出品がしづらい」という声が多々あったようです。

 

例えば、メルカリに比べて撮影ポイントが細かくて面倒臭い、商品の絞込み検索機能が悪い、ブランドのカテゴリーが少ない・・・などメルカリに比べて使い勝手が悪かったのも事実です。

 

また、メルカリとは別にメルカリメゾンズのアプリをダウンロードしてわざわざメルカリメゾンズから出品しなくても、結局メルカリからでもブランド品の出品ができてしまうので、「わざわざメルカリメゾンズからは出品をしない」というユーザーも多かったようです。

 

そんな使い勝手の悪い点が目立ったからなのか、メルカリメゾンズも2018年8月31日をもってサービスを終了することになったようです。

 

メルカリの姉妹アプリ「teacha」もわずか4ヶ月でサービス終了!

 

このブログでは元々詳しく紹介していないのでさくっと書きますが(笑)、実はメルカリの姉妹アプリ「teacha」もわずか4ヶ月でサービス終了が決まりました。

 

teachaとは趣味や勉強など個人のスキルの売買ができるアプリで、学研プラスやユーキャンと提携していたにも関わらず不発に終わったようです。

 

私も以前からこのteachaは知っていたのですが、「うーん?どうだろ?」と思ったのでこのブログでも紹介していないですし、アプリのダウンロードすらしませんでした。笑

 

予想通り、サービス開始からわずか4ヶ月の2018年8月21日をもってサービスを終了することになったようです。

 

サービス開始&終了を繰り返してまた新しいサービスができるかも?今後もメルカリに注目!

 

今回、メルカリNOW、メルカリメゾンズ、teachaのサービス終了が発表されましたが、メルカリのライバルのラクマとフリルが統合して「新ラクマ」になってパワーアップしたこともあり、メルカリでは今後もまた新しい姉妹アプリやサービスが開始されるかもしれませんね。
 
▼新ラクマについてはこちら▼

www.colotanblog.com

 

今回紹介したこれら3つのサービスはどれも株式会社ソウゾウ(株式会社メルカリのグループ会社)が運営しているサービスとなるため、また新たにメルカリに並ぶ(?)サービスをスタートするかもしれません。

 
メルカリは7000万ダウンロードを突破するほどユーザー数もかなり伸びていますし、メルカリ自体のサービスがどんどん改善されかなり使いやすくなっているので、メルカリを超えるサービスがまた新たにスタートすることを個人的には期待しています♪
 
今後もメルカリの新しいスマホアプリやサービスには乞うご期待です!
 

▼メルカリのアプリインストールはこちら▼

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
posted withアプリーチ