3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

ヤフオク・メルカリ・フリルで使われる謎のワードを解説!専門用語をしっかり理解して安全な取引を♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20171130190914j:plain

 

こんにちは!ころたんです!

 
今日はメルカリやラクマ、フリル、ヤフオクでよく見られる専門用語についてご紹介したいと思います!
 
過去に何度か紹介してきましたが、紹介した用語以外でもフリマアプリやヤフオクではまだまだ謎の用語が存在するのです。
 
そこで今日は初心者さんが必ず経験する「これってどういう意味?」というワードを詳しく解説していきたいと思います!
 
 

これってどういう意味?メルカリ・フリル・ヤフオクの専門用語を解説♪

①ノークレーム・ノーリターンでお願いします

 

 ノークレームノーリターンは返品・クレームは一切受け付けないということです。
 
また、出品者によってはノークレーム・ノーリターンの頭文字だけをとり「NCNR」と表記していることもあります。
 
ヤフオクやメルカリ、フリルではノークレームノーリターンルールを設けている出品者は多くいますが、万が一不良品が届いても返品は受け付けてくれないということですので、購入者は購入は控えた方がいいです。
 
また、出品者もノークレームノーリターンと記載していると購入をやめてしまうユーザーが多いですし、メルカリではノークレームノーリターンルールを禁止しているので、記載しないほうがいいでしょう。
 
②自宅保管です

 

自宅保管とはその名の通り「こちらの商品は自宅で保管していたものです」ということです。
 
つまり一般的なお店とは違い、物流倉庫などでは保管しておらず出品者の自宅で保管していたもののため、完璧な状態を求めないでくださいということです。
 
自宅で保管をすれば、新品未使用の商品であっても箱に多少の傷がついてしまっていたり、自宅の匂いがついてしまっていることもあるため、「これらを理解した上で商品を購入してくださいね」ということになります。
 
 
③ユーズド(USED)

 

新品ではなく中古品であることを指します。
 
中古品であるため使用感があることを前提で販売するときに使われます。
 
④動作確認

 

家電やパソコン、おもちゃなどしっかり動き問題なく使えるかを確認することです。
 
「動作確認済み」と記載されていれば、出品者が販売前に確認をした結果、問題なく使えるということです。
 
逆に「動作確認はしていません」と書かれている場合は、販売前に動作確認をしていないため、「購入していただいても正常に使えるかどうかはわかりません」ということです。
 
動作確認をしっかりしておいてもらいたい商品の場合には、「動作確認済み」と記載のある商品を購入することか、正常に使えるかどうかを確認した上で購入することをおすすめします。
 
 
⑤定形外につき補償なし

 

まず定形外とは「定形外郵便」のことで配送方法の一つです。
 
手紙やはがきのように郵便扱いで商品を送ることのでき、軽量な商品を送るのには一番安く送れる配送方法のため、定形外郵便を使って商品を送る出品者が多くいます。
 
しかしオプションで追加料金を払わない限り、特定記録(追跡番号)をつけることができないため、荷物の追跡ができず、万が一配送中に荷物が紛失してしまっても補償がついていません。
 
そのため、「定形外につき保証なし」と書かれている場合は、「一番送料の安い定形外郵便で発送するため、荷物が100%届くとは限りません。紛失しても責任はとれません。」ということです。
 
出品者も荷物が紛失しても責任を取りたくないため、このように書いている人が多いのです。
 
ですが、日本郵便では毎日大量の郵便物を正確に届けてくれているので、荷物の紛失は滅多に起こることはないでしょうが、万が一の注意書きとしてこのように記載している出品者が多いのです。
 
▼こちらも参考に!▼
⑥正規店購入ではありません

 

これはブランド品に使われることが多く、そのブランドの正規ルートで販売されたものではないということです。
 
つまり、偽物である可能性が高いのです。
 
また、出品者がわざわざ「正規店購入ではありません」と書いているということは「偽物であるかもしれないということをわかった上で購入してくださいね」ということです。
 
高級ブランド品はコピー品が出回っていて、メルカリやヤフオクなどでも販売されている危険性があるため、正規店購入ではない商品は購入しないほうがいいです。
 
▼こちらも参考に!▼
 
⑦プロフ必読

 

これが書かれている場合には「購入前に必ずプロフィールを読んでから購入してくださいね」ということです。
 
出品者によってはプロフィールに取引の条件や独自のルールなどを記載している場合があり、その内容をしっかり読んだ上で購入をして欲しいと思っているため、プロフ必読と書いている出品者も多いのです。
 
⑧ジャンク品

 

「ジャンク」「ジャンク品」と書かれている商品は、訳アリ商品です。
 
例えば商品が壊れている、1箇所部品がない、動作確認をしていないので動くかがわからないなど、何かしらに問題がある場合に「ジャンク」と書いて出品されています。
 
ジャンク品と書いてある場合は、どういった問題があるのかをしっかり確認した上で購入を検討するようにしましょう。
 
▼こちらの参考に!▼ 
 
フリマアプリ・ヤフオクのまだまだ専門用語はあります!こちらも参考に♪

 

以上がメルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクでよく見かける専門用語でした!
 
これらを知っておけばスムーズに取引ができますし、取引を控えたほうがいい商品を見分けることもできます。
 
 
ですが専門用語は他にもまだまだありますので、こちらの記事も参考にしてくださいね!