3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

自分では意外と気づけない「匂いのトラブル」!自宅保管の商品を販売するなら気をつけるべき注意点をご紹介!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170916223137j:plain

 

こんにちは!ころたんです。


今日はメルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクなどで商品を販売する際の「匂いのトラブル」について書きたいと思います。

自宅でずっと保管していた商品の場合、意外と自分では気づけない「独特の匂い」があったりするのです。

その匂いは自分は何も感じなくても他人からするととても不快に感じることもあるため、匂いによるトラブルが発生することも十分考えられるのです。


この匂いトラブルはフリマアプリやオークション出品者さんなら誰にでも起こりうる話ですので、今日は匂いのトラブルについて詳しくご紹介していきます!


意外と自分では気づけない!自宅保管の商品を販売する際は気をつけたい「匂いのトラブル」!

私は過去にこんな商品を購入してしまいました!


私は過去に新品の洋服をメルカリで購入したことがあるのですが、その商品自体は新品であってもとにかく匂いがキツ~イ商品でした。

その匂いとは「人の家の匂い」

「新品の商品だし失敗はないだろう♪」と思い購入をし、商品が届いてわくわくしながら荷物を開けた瞬間、ぽわ~~~んと他人の家の匂いが部屋中に漂いました。

その瞬間「失敗した・・・」と思いました・・・


ですがその出品者さんには悪気はないし、それぞれの人の家の匂いがあることは仕方がないことなのですが、衣類は特に匂いが染み込みやすい商品なんですよね・・・

そこで「洗濯をすれば匂いは取れるだろう!」と思って何度か洗濯したのですが、それでもなんだかほんのり匂いが残っている気がして、結局数回着てすぐに着なくなってしまいました。


それくらい商品に匂いがついてしまうと、届いた時のガッカリ感も大きいですし、その後も匂いの取れ具合によっては商品自体を使えなくなってしまうこともあるのです。


出品者側からすると自分ではなかなか匂いは気づけないですが、購入者からすると結構重大な問題だったりするのです。


匂いトラブルを防ぐには商品説明文にしっかり記載する!


商品に自分の家の匂いがついてしまうのは仕方がないことだとしても、購入者によっては「匂いが無理!返品してほしい!」と言ってくる場合もあります。

そんな匂いトラブルを防ぐためには、予め商品ページに書いておくのが良いでしょう。

例えば、下記のように商品説明文に入れておけば購入前に匂いについても理解してもらえるでしょう。

・きれいに保管させていただいておりましたが、自宅保管となるため匂いに敏感な方はご遠慮ください。

・防虫剤を入れたクローゼットの中で保管していたため、防虫剤の匂いを感じるかもしれません。



このように入れておけば後から「匂いがキツイ!」と購入者から言われても、商品ページに予め匂いについて記載していることを伝えれば、匂いによるクレームや返品は防ぐことができます。


他にもこんな臭いに注意!他人にとっては不快な臭いもあるんです。


自宅の匂い以外でも、タバコやペット、香水、お香など様々な匂いのトラブルは考えられます。

特にタバコについては一番嫌がられる臭いのため、家族や自分がタバコを吸う場合には「自宅に喫煙者がおります」と商品説明文に入れておくべきでしょう。

また、どんなにいい匂いの香水やお香を部屋で使用していたとしても、それは自分にとってはいい匂いでも他人からしたら不快な臭いになるかもしれません。


独特の香りを放つ「何か」を使用している場合には、念のため商品ページに記載するか、商品を保管する部屋ではタバコは吸わない・ペットは入れない・香水は使用しない・お香は焚かないなど臭いがつかないようにしましょう。


気をつけて!匂い1つで返品やクレーム、悪い評価につながることもあるのです!


以上が商品を販売する際の「匂いのトラブル」についてでした!

どんなに商品自体が良くても、届いた時に購入者をがっかりさせるような匂いが商品についてしまっている場合は、返品やクレームにもつながったり、悪い評価として返ってくることもあります。

匂いは人それぞれ感じ方が違うので、匂いトラブルを完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、少しでもトラブルを防ぐためにはやはり普段から独特の匂いを放つものを使用しないことと、予め商品ページに匂いに関する注意文を入れるということをしてみることをおすすめします!

出品者さんはぜひ商品の匂いについても意識してみるようにしてくださいね。