3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

「新品」「美品」というワードには実は罠がある!?知らないとトラブルに発展することも・・・フリマアプリ・ヤフオク出品の注意!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170913174123j:plain

 

こんにちは!ころたんです。


今日はフリマアプリやヤフオクなどでよく使われる商品状態「新品」「美品」について書いていきたいと思います。

出品する商品が新品・未使用の場合に「新品」、中古品だけどとても状態がきれいな場合に「美品」と、これらのワードを商品名や商品説明文に入れて出品をするとアピールポイントとなり売れやすくなります。


ですが、新品美品といった言葉には実は罠があるのをご存知でしょうか?


あまり適当に「新品」「美品」という言葉をつけて販売してしまうと、場合によってはトラブルになることもあるので、フリマアプリ・ヤフオク出品者さんは今回紹介する内容を必ず知っておいてくださいね!


「新品」「美品」をつけると売れやすい♪ですが実はこんな罠があった・・・

私の旦那が「美品」と書いた商品で悪い評価をつけられた話。


私の旦那も普段、自分の不用品をメルカリやヤフオクで販売して少しお小遣い稼ぎをしています。

そんな旦那が以前、ヤフオクでウォークマンを販売したことがありました。

その商品は中古品であるけど状態はとてもきれいだと旦那自身で判断をし

「《美品》SONY ウォークマン・・・」という商品名で販売したそうです。


するとすぐに入札・落札され商品を発送したのですが、ユーザーから返ってきた評価は「悪い」でした。

その評価の内容がこちら。


「美品と書いてあったから購入をしたのに全然美品じゃない
大きなキズや汚れもないし問題なく使えるけど、美品と書いてあったので中古品であっても新品同様にきれいなものかと思った。
だけどこれはどう見ても中古品の中の中古品
返品をするほどではないけどこれを美品と言っていいのか?」



そうなんです。

美品って言葉は人によって捉え方が違うんです。


2人の美品に対する捉え方はきっとこうだったのです。

旦那:美品→中古品の中でもきれいな状態のもの
購入者:美品→中古品だけど新品同様のもの




うーん。難しいですね。


旦那は商品状態を「中古」で出品していましたし、「美品」とは書いていたものの中古品であることを前提に販売をしていました。

ですが、購入者にとっての美品はそうではなく、「新品同様にきれいなもの」だったため、何度か使った形跡があれば「これは美品ではない!」と思ってしまったのだと思います。


美品についてはもちろん、メルカリやヤフオクなどのショップが「この状態を美品と言います!」と掲げているわけではないので、本当に人それぞれ捉え方が違うのは仕方ないことなんです。

そのため、残念ながらこういったトラブルが起こってしまうこともあるのです。


「新品」と書かれていた商品で私もこんな経験をしました!


メルカリを始めたばかりの頃、私はメルカリで「新品のリップグロス」を購入しました。

商品名にも商品説明文にも「新品・未使用」という言葉があり、「新品なんだな」と思って購入したものの届いてみると、箱やパッケージには入ってなく商品だけが届きました

また、私はその商品を何度も正規店から購入していたので知っていたのですが、新品の場合、リップグロスの蓋と本体にまたがるようにシールが貼ってあるはずなのですが、そのシールは剥がしてあったのです。


「ん???1回開けてる?ということは試し塗りくらいはしてるのかな?」
と思ってしまい、「これは新品なのか?」と疑ってしまいました。


ですが、量は新品同様にたっぷり入っているので、もし試し塗りくらいはしていたとしても1回くらいだと思うので、「まあ量はたっぷり入ってるしトラブルになるのも面倒だからいいや」と思って受け取り評価も済ませて取引を終えました。


その後、よくよく考えてみたら「これは本当に新品なのか?リップグロスってそのまま唇に塗るからもしかすると出品者と間接キスしてる・・・?」と疑って使ってしまう時があり、なんだか気持ちよく使えず何度か使用してすぐに捨ててしまいました。。。

恐らく「新品」という捉え方についても人それぞれ違うんだと思います。


きっと、

私:新品→新品・未使用で一般的なお店で商品が売られている時と同じ状態
出品者:新品→新品同様。もしくは試し塗り程度で使用した。



出品者の新品の捉え方は完全に私の想像上での話ですが、開封シールが剥がしてあったということはこういうこともあり得るのかなと思いました。


また、私自身はもし箱やパッケージがないならそれは書いておいて欲しいですし、開封シールも剥がしてあるなら説明文に書いておいて欲しい。

でも、「開封シールを剥がしたということは使ったと思っても仕方ないよね?」という捉え方でした。


また、メルカリやフリルなどで商品を探していて商品状態を「新品」で検索をすると、商品状態は「新品」となっているのに、商品説明文では「一度だけ使用した新品同様の商品です!」と書いている出品者もいるんですよね・・・

「それは新品じゃないだろ」と私は思ってしまいそのような商品は絶対に買わないのですが、この「新品」という言葉にも人それぞれの捉え方があるようです。


「新品」「美品」は惹きになる!だけど細かい商品状態まで書かないとトラブルにも!


「新品」や「美品」という言葉を商品名の頭に持ってくるだけで、「あ!新品なんだ!」「美品なんだ!」とユーザーがすぐに商品状態に気づくことができ、クリックされやすくなるというメリットがあります。

ですが、この惹きになるという点から、本当に新品や美品でなくても「とりあえず入れてしまえ!」と商品名や商品説明文に新品・美品と入れている出品者もいるんだろうなと思います。


確かにユーザーにとっては惹きにはなりますし、それで売れれば出品者にとっても嬉しいはずですが、上でも書いた通り、新品・美品は人によって本当に捉え方が異なります

自分が新品と思う範囲でも購入者が「これは新品じゃない」と思えばクレームになりますし、「これは美品じゃない」となればクレームにもなれば、私の旦那のように悪い評価で返ってくることもあるのです。


そのため、もし「新品」という言葉を入れるのであれば「箱に入って未開封のままです」「撮影のためだけに箱から出しましたが、再度箱に入れて発送します」などと新品と証明できる商品の細かい状態まで書くことをおすすめします。

また、「美品」の場合も「2~3回着用しましたが汚れやシミもなくとてもきれいな状態です」「1ヶ月前に購入し1度だけ使用しただけです」など中古品ではあるけど美品だと思えるポイントを書いておくのがよいでしょう。


本当に「新品」「美品」であれば、それはぜひとも商品名や商品説明文に入れるべきワードではありますが、それらのワードを使うからには新品や美品であることを証明できる文章や画像を入れるなど、トラブルに発展させないよう工夫をしてみてくださいね!