3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《偽物が多いブランド一覧》フリマアプリやオークションでこのブランドの購入するなら気をつけて!本物と偽物の見極めポイントもご紹介♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170911161938j:plain

 

こんにちは!ころたんです。

今日はフリマアプリやオークションサイトで偽物が多く出回ってしまっているブランドをご紹介したいと思います。


フリマアプリやオークションサイトではブランド品の売買が頻繁にされていて、私も過去に多くの商品を販売してきた中で、一番反応が良くすぐに売れたものは高級ブランド品でした。(もちろん本物です!)


ですが、人気なブランドであればあるほど模倣品が作られてしまう可能性は高く、残念ながらそれを購入してしまう人も多いのです。

また、今では偽物であっても、本物と思ってしまうほど品質や見た目が巧妙に作られている商品もあるのです。


今日はそんな偽ブランドの被害に遭わないためにも、偽物が多く出回ってしまっているブランド本物と偽物の特徴の違いなどについて詳しくご紹介していきたいと思います。


フリマアプリやオークションでこのブランドの購入するなら気をつけて!偽物が多いブランド一覧!

偽物が多い高級ブランドとは?


ハイブランドは人気があればあるほど、残念なことに偽物が出回っている数が多いようです。

中には「偽物でもいいからそのブランドのものが欲しい!」と思って、偽物であることを承知で購入してしまう人もいるようなのです。

そのブランドと本物と偽物の特徴の違いについてもご紹介します。

(※本物と偽物の特徴の違いについてはブランド品買取業者が公表している情報を参考にまとめさせていただきましたが、必ずしもこの特徴だけで本物と偽物が見極められるわけではありません。
予めご了承ください)

①ルイヴィトン(Louis Vuitton)


定番のモノグラムやダミエに偽物が多く、中でもバッグ・財布に多いです。

<本物と偽物の違い>
・偽物は縫製が荒い
ロゴや金具部分も簡単に作られている


②エルメス(HERMES)


エルメスの中でも偽物が特に多いのはバーキンです。

やはり人気商品は偽物が多く作られてしまい、世に出回ってしまっているようです。

<本物と偽物の違い>
ロゴの文字、質感、ステッチ、カデナ(南京錠)、タグが異なる
縫製が荒い
変わった臭いがする


③グッチ(GUCCI)


バッグ・財布に偽物が多いです。

<本物と偽物の違い>
GG柄のGが違う
刻印が不鮮明


④シャネル(CHANEL)


バッグ・財布だけでなく洋服も偽物が出回ってしまっています。

<本物と偽物の違い>
タグ、ファスナー、チェーン、ステッチが本物と異なる


⑤ロレックス(ROLEX)


高級時計ブランドの中で一番偽物が多いのはロレックスで、偽物でも高い値段で販売されていることも。

<本物と偽物の違い>
文字・数字・ロレックスの王冠マークなど、本物とよく見比べて購入する必要あり


⑥モンクレール(Moncler)


モンクレールの中でも大人気のダウンジャケットは偽物がネット上で多く出回ってしまっています。

<本物と偽物の違い>
・ダウンジャケットの裏側にあるコミックラベルの印刷が異なる
ロゴワッペンの形状や縫い付け方が異なる
品質表示タグの違い


⑦クロムハーツ(CHROME HEARTS)


クロムハーツと書かれているのに低価格で販売されている場合は偽物の可能性が高いです。

<本物と偽物の違い>
「本物と偽物の違いはこれ!」という商品自体のポイントはあまりないようですが、下記の文言が商品説明文に入っている場合は偽物の可能性が高いです。

・クロムハーツタイプ
・クロムハーツ風
・保証書はありません
・知人からのいただきものです
・海外で購入しました


⑧ラルフローレン(RALPH LAUREN)


ポロシャツなど人気アイテムの偽物が多く出回ってしまっています。

また、衣類の場合は外観だけでは本物・偽物ともにそこまで差はないため、偽物と判断するのが難しくなっています。

本物と偽物の違い:
・商品タグに代理店名しか表記がなく、住所や電話番号まで表記されていない
・馬のロゴマークが偽物は刺繍が荒く足の本数が少ない、また新品の段階で既に輪郭が滲んでいる場合も



アパレルブランドでも偽物が販売されていることも!


残念ながらハイブランドのバッグや財布だけでなく、アパレルブランドでも偽物が販売されてしまっているのが現状です。

人気のアーティストや芸能人が着用するとそれが人気になり、さらに今ではSNSで着用した洋服をタグ付けすることもできるため、アパレルでも多く偽物が出回ってしまっています。

その中で最近、偽物が特に多いアパレルブランドは下記となっています。

①シュプリーム(Supreme)


アパレルだけでなくファッション小物や雑貨などの偽物も出回っているようです。

公式ホームページや公式のオンラインショップなども見て、本当にそのデザインのものが販売されているのかどうかを確認したほうがいいでしょう。


<本物と偽物の違い>
ロゴが異なる
公式ホームページやオンラインショップにはない商品が販売されている



②チャンピオン(Champion)


人気ブランドのチャンピオンも、パーカーなどの人気アイテムの偽物が横行しているようです。

<本物と偽物の違い>
・偽物はタグがない場合が多く、タグが付いていても正規品と異なる
・パーカーの紐が靴紐のように細い
・偽物はフリーサイズが多い
縫い目が荒い


③ジバンシィ(GIVENCHY)


ジバンシィは主にメンズのスウェットやTシャツに偽物が多いようです。

動物柄などは特に人気のため、ネット上でフェイク品が多く販売されていることも。

<本物と偽物の違い>
・首裏のタグのロゴが異なり、偽物はロゴのバランスが悪い
・品質表示タグの印字が薄い



人気ブランドであればあるほど偽物が多い!人気ブランドほど実際に見て買うのが一番!


人気ブランドであればあるほど残念ながら偽物が多く作られてしまい、多く流通してしまっているのが現状です。

また、メルカリやラクマ、ヤフオクなどでは登録できる画像枚数が限られているため、タグやファスナー、金具などの細かい部分まで画像に載せることが難しくなっています。

そのため、もし本物と偽物を見極めたいと思うのなら、出品者にお願いして細かい部分まで再度撮影をしてもらい、確認用ページなどを作ってもらうのがいいでしょう。


また、ブランド品を購入するのであれば、新しくメルカリの姉妹ブランドとして登場した「メルカリメゾンズ」を利用するのもおすすめです!

メルカリでは最大4枚までしか登録できなかった商品画像も、メルカリメゾンズでは商品画像を最大10枚登録することができるため、商品のより細かい部分を見ることができます。

 

▼メルカリメゾンズについてはこちら▼

www.colotanblog.com

 

ですが、普段の記事ではフリマアプリやヤフオクでの販売や購入をすすめている私ですが、ブランド品を購入する場合は心配であれば、やはり正規店で実際に目で見て購入するのが一番です。


また、「絶対に偽ブランド品なんて買いたくない!でも安く中古品が欲しい!」と思うのなら、ネットではなく大手の中古ブランド品販売店に出向くのがいいと思います。


偽ブランド品は残念ながら私たちが想像している以上に多く出回ってしまっていますので、被害に巻き込まれないよう注意して商品を選定するようにしてくださいね。

 

▼ブランド品についてはこちらも参考に!▼

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com