3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

ヤフオク!でフリマ出品が可能に!オークション出品とフリマ出品の違い・特徴・メリットとは?

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170829173002j:plain

 

こんにちは!ころたんです。

今日はヤフオク!で新しくスタートしたフリマ出品について書きたいと思います。

ヤフオク!では以前はオークション形式のみの販売でしたが、2017年からフリマ形式での出品ができるようになりました。

恐らく、今勢いのあるフリマアプリ・メルカリに対抗したのだと思われますが、ずっとヤフオク!のオークション販売をしてきた出品者さんや、オークション形式でしかヤフオク!で物を購入したことのない購入者さんからすると、「ヤフオク!のフリマ形式ってどうなんだろう?何が違うの?」と思うはずです。


今日はそんなヤフオク!のフリマ出品の特徴やメリット・オークション出品とフリマ出品の違いなどについて詳しくご紹介したいと思います!


ヤフオク!でフリマ出品が可能に!オークション形式・フリマ形式の違いは?特徴・メリットは?

ヤフオク!の出品方法が3つに!まずは今までの出品方法2つをおさらい♪


ヤフオク!では2017年にフリマ出品ができるようになってから、出品方法がオークション出品・即決価格出品(定額出品)・フリマ出品の3種類となりました。

そこで、フリマ出品の特徴やメリットをご紹介する前に、まずは従来のオークション出品・即決価格出品についての特徴・内容をおさらいしたいと思います。

ヤフオクでの従来の出品方法


①オークション出品
開催期間・スタート時の価格・即決価格(上限価格)を決め、購入を希望のユーザーがスタート時よりも高い値段で入札をしていく、一般的なオークションとしての販売方法です。

オークション期間が終了するまでに一番高い値段で入札したユーザーがその商品を購入することができるため、ゲーム感覚で楽しむユーザーも多くいます。

また、オークション開催中に出品者が決めた即決価格で入札をしたユーザーがいればその時点でオークションは終了となり、そのユーザーが落札者となります。

オークション形式の場合は、スタートの販売価格よりも値段が跳ね上がり、思いがけず高い値段で落札されることもあります。


②即決価格出品(定額出品)
オークション形式と同じように開催期間を決めて出品していきますが、その際スタート時の価格ではなく即決価格のみを決めます

オークション形式のように開催期間を自由に決めることができますが、即決価格のみでの販売となるため、提示した即決価格での入札・落札しか受け付けないのが特徴です。

そのため、入札するユーザーが一人でもいればその時点でオークションは終了となります。


また、出品時に設定をすればフリマアプリのように値段交渉を受け付けることもできます。

オークション形式と違う点は、スタート価格からどんどん値段が上がっていくのではなく、即決価格のみでしか販売をしないというところです。


新しくスタートしたフリマ出品の特徴・メリットとは?


ヤフオク!で新しく利用できるようになった「フリマ出品」は今までのオークション出品・即決価格出品(定額出品)といくつかの点で異なります。

そのフリマ出品の詳しい特徴・メリットは下記となっています。

①フリマアプリのような定額(即決価格)での販売形式!


メルカリやラクマ、フリルといったようなフリマアプリのように出品者が価格を決め、その価格で販売していく販売形式です。

フリマアプリと同様、その価格に納得し購入手続きが早かった人がその商品を購入をすることができます。

②Yahoo!プレミアム会員登録が不要!


上で紹介した従来のオークション出品・即決価格出品の場合は、Yahoo!プレミアム会員の登録が必要なため、会員費として月額498円(税込)がかかってしまいます。

ですが、フリマ出品の場合は無料で登録ができるYahoo JAPAN IDさえあれば出品することが可能です。


「ヤフオク!で出品をしてみたいけど売れるかどうかもわからないのにプレミアム会員費を払いたくない・・・」といった初心者さんでもフリマ出品はハードルが低く、始めやすくなっています。

ですが、Yahoo!プレミアム会員と非会員では商品が売れた時にかかる販売手数料が異なるためご注意ください。

<フリマ出品での販売手数料>
・Yahoo!プレミアム会員:8.64%(税込)
・非会員:10%(税込)

 

③商品画像は最大で10枚まで登録できる!


上で紹介したオークション出品・即決価格出品の場合は、スマホから商品を出品すると商品画像を最大3枚までしか登録することができませんが、フリマ出品の場合は最大で10枚の画像を登録することができます。

メルカリやラクマ、フリルでも最大4枚までしか画像が登録できないため、より商品の詳細部分を画像として載せることができ、購入に繋がりやすくなります。

④開催期間は7日間に固定!


オークション出品・即決価格出品の場合は、オークション開催期間を1~8日の間で選ぶことができますが、フリマ出品では販売期間を選ぶ項目がなく、開催期間は7日間と固定されています。

もしこの7日間が過ぎてしまうと販売終了となってしまいますが、再出品ボタンを押せば簡単に再度販売が開始されます。


フリマアプリでは販売期間に制限がないため、出品をしてから時間が経った商品はどんどん古い商品とみなされてしまい検索にも上位に上がってこなくなる上に、古い商品と思われ魅力も軽減していきます。

ですが、ヤフオク!のフリマ出品の場合は販売期間が設けられているため、販売終了間際になって急いで購入を決めるユーザーも出てくる上に、販売終了してしまっても再出品を繰り返せば、「出品されたばかりの新着商品」として魅せることができます。

⑤フリマアプリに比べ、値引き交渉をされるストレスが少ない!


メルカリ・ラクマ・フリルといったフリマアプリでは「販売価格からいかに安く値引きして買うか」という値引き交渉が当たり前になってしまっています。

この「値引き交渉をされることがストレスでフリマアプリで出品をしない」という人もいるようです。


ですが、ヤフオク!を利用しているユーザーは「提示されている価格からいくらプラスして入札するか」という従来のオークション形式での購入に慣れている人が多いため、値引き交渉をするという考えがない人が多いのです。

そのため、フリマアプリのように毎度毎度値引き対応をしなければいけないというストレスもなく、フリマ出品であってもスムーズに購入されるケースが多いのです。

⑥決済方法はYahoo!かんたん決済のみで安心!


従来のオークション出品・即決価格出品では、ヤフオク!側が落札者から代金を一時的に預かり出品者に振り込んでくれるYahoo!かんたん決済の他にも、落札者が出品者の銀行口座に直接振り込む銀行振込も選ぶことができました。

ですが、フリマ出品の場合は銀行振込での支払いは不可となっており、Yahoo!かんたん決済のみの支払い方法となります。


また、従来のオークション出品・即決価格出品でのYahoo!かんたん決済の場合、代金先払いと同じため下記のような流れとなり、トラブルが多かったのも事実なのです。

従来のオークション出品・即決価格出品でのYahoo!かんたん決済の流れ
(1)商品が落札される
   ↓
(2)落札者がYahoo!かんたん決済で代金を支払う
   ↓
(3)ヤフオク側が一時的に代金を預かるが数日後に出品者に代金が支払われる
   ↓
(4)出品者が商品を発送する


本来はこのような流れになるはずなのですが、(4)のところで残念なことに代金だけもらって商品を発送しない出品者も中にはいてトラブルになることもあったようなのです。


ですがフリマ出品の場合は、下記のようにフリマアプリと同じ流れで代金が出品者に支払われます。

フリマ出品のYahoo!かんたん決済の流れ
(1)商品が落札される
   ↓
(2)落札者がYahoo!かんたん決済で代金を支払う
   ↓
(3)ヤフオク側が代金を預かる
   ↓
(4)出品者が商品を発送する
   ↓
(5)落札者が商品を受け取り、受け取り手続きをする
   ↓
(6)ヤフオク側が出品者に代金を支払う

 

基本的にはフリマアプリと同じ代金支払いの流れとなっているため、「代金を支払ったのに、商品が届かない」というトラブルを防止することができます。

また、万が一、出品者が商品を発送したにもかかわらず、落札者がいつまでたっても受け取り手続きをしない場合は、支払い手続きから14日が経過すると出品者への代金の支払いが行われます。

⑦落札前に送料を知ることができるため送料トラブルが少ない!


フリマ出品の場合でも、商品を送る際の送料は出品者負担・落札者負担と選ぶことができますが、送料を落札者負担にした場合は出品時に送料を入力した上で出品することが必須となっています。

さらに、着払いは選択不可となっています。

そのため、事前に送料を知った上で落札ができるため「落札後にこんなに送料がかかるということを知った・・・」というトラブルもなく安心して落札ができます。

⑧フリマ出品で出品してもオークション商品と同じように掲載される!


ヤフオク!では従来のオークション形式を楽しむユーザーが本来は多いため、「フリマ出品をしてもオークション形式で出品した商品とは別で表示されてあまり見てもらえないのでは?」と心配に思う人もいると思います。

ですがフリマ出品で商品を出品したとしても、ヤフオク!内ではオークション出品・即決価格出品・フリマ出品は同じように掲載・表示されます。

そのため、ヤフオク!は日本最大級・ユーザー数No.1のオークションサイトで利用者が非常に多いため、フリマ出品の商品であっても多くのユーザーに商品を見てもらうことができます。


「オークション形式ってよくわからない」という理由でフリマアプリでしか出品をしたことがなかった人でも、ヤフオク!のフリマ出品で商品を出品すれば、ユーザー数No,1のヤフオクユーザーにもしっかり商品をアピールすることができるのです。


オークション形式のデメリットを全てカバーしたものがフリマ出品!


ヤフオクの従来のオークション形式では、「入札をしても(が入っても)即決価格でなければオークションが終了するまで待たなければいけない」というのが出品者・落札者共にデメリットでもありました。

ですがフリマ出品をすることにより、落札者にとっては「オークション終了まで待たなくてもすぐに買える」、出品者にとっては「早く買い手が見つかる」という点が非常に喜ばれているようです。

また、今ではヤフオク!内で商品を検索した際に、フリマ出品の商品のみを絞ることのできる「フリマモード」というボタンがついているため、簡単にフリマ出品商品のみを絞り込むこともできます。
(フリマモードON/OFFで切り替えられます)

f:id:colotanblog:20170829173350j:plain


それくらいフリマ出品の商品は注目をされているようです。


また、従来のオークション形式・即決価格出品では基本的に代金が先払いとなるため、上で紹介した通り「代金を支払ったのに商品が届かない」というトラブルも少なからずあったようでした。

その場合にはヤフオク!事務局も協力的に動いてくれて補償も行ってくれていたようですが、やはりそのようなことが一度でもあると今後もヤフオク!を利用するのが怖くなってしまいます。

ですが、フリマ出品ではフリマアプリと同じように代金をヤフオク!事務局が預かってくれて、商品を受け取り次第出品者に支払う流れとなっているため、フリマ出品は今までのオークション形式のデメリットを全てカバーしてくれています。


もし「従来のオークション形式には少し引っかかる部分があった」という方も、新しく登場したフリマ出品もぜひ利用してみてくださいね!