3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

メルカリ・ヤフオク・ラクマで悪い評価をつけられてしまった!ですが大事なのは「今後、悪い評価をどうカバーしていくか」なのです♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170812144230j:plain

こんにちは!ころたんです。


今日はメルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクといった販売サイトで、悪い評価をつけられてしまった場合どうしたらいいか?について書きたいと思います。

出品者の場合、悪い評価を1つでもついてしまうと「悪い評価1つのせいで印象が悪くなるかも」「今後あまり売れなくなってしまうかも」と心配になってしまうかもしれません。

また、購入者の場合でも「悪い評価のせいで購入を断られてしまうかも」と考えてしまうかもしれません。


ですが、悪い評価はついてしまったからにはどうすることもできません。

一度つけた評価を変更することはできないので今のアカウントを使い続ける限り、その悪い評価ともずっと付き合っていかなければならないのです。


ではメルカリやヤフオクで悪い評価をつけられてしまった場合、今後どうすればいいのか?について詳しく書いていきたいと思います!


悪い評価をつけられてしまった!相手への印象が悪くなる?今後どうしたらいい?

まず悪い評価がついてしまう原因とは?


フリマアプリやヤフオクで悪い評価をつけられてしまう原因は主に下記だと思われます。

<悪い評価がついてしまう原因>
出品者:
・発送した商品が壊れていた
・実際の商品が商品説明文や画像と異なる点があった
発送目安を守らなかった、また発送が遅れてしまう旨を購入者へ連絡しなかった


購入者:
・支払いの期間が過ぎてもなかなか商品代金を支払わなかった



基本的には購入者は商品を購入し支払いを済ませ、問題なく商品を受け取りさえすれば出品者から悪い評価をつけられることはありません。

ですが、出品者の場合、「きちんとした商品を販売している人か?」という点で様々な角度で購入者から評価されるため、購入者よりも出品者の方が悪い評価がつけられてしまう可能性が高いのです。


また、上にあげた悪い評価をつけられてしまう原因の他にも、取引した相手が悪かった場合、自分には全く非がなくても嫌がらせで悪い評価をつけてくるユーザーもいます。

こればっかりは防ぎようがなく、悪いユーザーに商品を即購入されてしまえば出品者としては取引するしかないため、残念ながら嫌がらせでつけられてしまった悪い評価とも付き合っていかなければならないのです。


悪い評価をつけられてしまったらまずは受け入れる!大事なのは悪い評価をカバーしていくこと!


悪い評価をつけられてしまった直後は「悪い評価が1個でもついてるからもう信用してもらえないかも・・・」なんて思ってしまうかもしれませんが、落ち込むことはありません。

大事なのは「今後、悪い評価をどうカバーしていくか」ということです。


例えば下記のような評価を持っているユーザ-2人がいたとします。

①良い:0 普通:0 悪い:3
②良い:100 普通:0 悪い:3



この2人のユーザーが全く同じ商品を同じ値段で出品していた場合、あなたならどちらから商品を購入しますか?

きっと②「良い:100 普通:0 悪い:3」のユーザーから購入すると思います。


この2人のユーザーは悪い評価の数は同じなのです。

ですが、良い評価の数が圧倒的に違います。


つまり、悪い評価は個数ではなく「全体の何割を占めているか?」が大事なのです。

同じ悪い評価が3つついていたとしても、②の良い評価が100個もついていれば「あー103回のうち3回だけちょっとミスしちゃったのかな?」と思って終わるはずです。

「えー!!!この人103回中3つも悪い評価ついてるから絶対に取引したくない!!」なんて思わないですよね?


つまり、悪い評価は良い評価でカバーしていくしかないのです。

「悪い評価をつけられてしまった。今後の取引に影響があるかも・・・」なんて気にするよりも、今までは出品だけしていた人はしばらくは購入で良い評価を集めるなりして、良い評価の数を増やしていけばいいのです。

また、魅力的な商品を販売していて、プロフィールや商品説明文がすごく丁寧に書かれていれば、直近で悪い評価がつけられていたとしてもそこまで悪い評価が購入にネックになることもないでしょう。


大事なのは悪い評価の存在を消すくらい、良い評価でカバーしていくことなのです。


プロフィールに長々と悪い評価をつけられてしまった経緯を書くのはおすすめしません!


たまにメルカリやラクマ、フリルなどで他の出品者さんのプロフィールを読んだりするのですが、中には悪い評価をつけられてしまった原因を長々と書いている人がいます。


「以前、取引をした方に悪い評価をつけられてしまいました。
私としては商品ページや画像にも嘘偽りはなく、最短で問題なく商品を発送したのですが、その方の受け取り評価は『悪い』でした。
こちらに落ち度はないはずですので納得がいきません。
◎◎というアカウントのユーザーとの取引はしないほうがいいですよ!」


なんて書いている人がたまーにいます。


他にも悪い評価をつけられてしまった相手とのメッセージのやり取りを細かく書いている人や、「とにかくいたずらで悪い評価をつけられたんです!!信じてください!!」と「自分は全く悪くないのに!!」ばりにアピールしている出品者がいます。


悪い評価をつけられてしまって納得がいかないのはとってもわかります。

出品者にとって評価は本当に大事ですから。


ですが一言言いたいのは

「ユーザーはそこまで気にしていませんよ?」

ということ。

「この人から商品を買いたいな。どんな人だろう?」と思ってその出品者のプロフィールを覗いた途端、悪い評価が1つついてしまった言い訳っぽい経緯がだらーっと書かれていたら「なんかめんどくさそうだなこの人」って思いませんか?

私ならその時点で購入は止めます。

私個人的には「この人なんか神経質そう」って思ってしまいます。


それだったら悪い評価のことは何も触れず、

「ご覧いただきありがとうございます!
専業主婦で子供のものを中心に出品しています♪
最後まで気持ちよく取引をしたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。」


普通の挨拶文が書かれている方が安心できませんか?


悪い評価の1つや2つ、気にしていていたらきりがありません。

悪意を持って悪い評価をつけてくるような悪いユーザーは残念ながらいるんですから。


上でも書いた通り、大事なのは「悪い評価を今後どうカバーしていくか」なのです。




以上が悪い評価をつけられてしまった場合どうしたらいいか?についてでした!

悪い評価の1つや2つを気にすることはありません。

もし悪い評価がつけられて困っている、今後どうしたらいいか?と悩んでいる方は、悪い評価の存在が消えるくらい良い評価を集める努力をしてみてくださいね♪

 

▼評価についてはこちらも参考に!▼

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com