3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《どこまでが許される?》メルカリ・ラクマ・フリルでよく見る出品者の独自ルール!購入者はどこまで守る義務があるの?

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170725153747j:plain

 

今日はフリマアプリでの出品者の独自ルールについて書きたいと思います。

メルカリやラクマ、フリルといったフリマアプリでは出品者によっては独自のルールを設けている人がたまにいます。

例えば軽めのところでいうと「即購入禁止」「プロフ必読」「取り置きお断り」などです。


これらはよく見かけるワードなので設けてもいいと思うのですが、稀に「これは自己中過ぎない??」と思ってしまうような独自ルールを設けている出品者もいるのです。

今日はそんな出品者の独自ルールがどこまで許されるのか?これはアリなのか?などについて書いていきたいと思います!



フリマアプリの出品者の独自ルールはどこまで許される?こんなルールあり?

これはセーフ!?よく見かける出品者の独自ルール


メルカリやラクマ、フリルを見ていると、出品者の中には下記のルールを設けている人がよくいます。

これらは事前にプロフィールにルールを書いていても購入者を大きく困らせることはないですし、トラブルを防ぐために設けていることなので、私個人的には許される範囲内だと思います。


①プロフ必読
これは「私のプロフィールをしっかり読んでから購入してくださいね」という意味です。

恐らく、プロフィール内に禁止していることや購入の際の注意点、購入者に守って欲しいことなどを書いているので「購入前に事前に読んでくださいね。購入後にトラブルが発生しても『プロフィールを読んでいなかった』ということはやめてくださいね」ということなんだと思います。


②即購入禁止・即購入OK
即購入禁止・即購入OKと書いている出品者もよく見かけます。

この意味は書いて字のごとく、
・即購入禁止→購入前にコメントをしてね
・即購入OK→コメントなしですぐに購入していいですよ


ということです。

即購入禁止にしている出品者は、他ショップでも同じ商品を販売している方が多いです。

同じタイミングで2ショップで売れて欠品・キャンセルが発生することを恐れて、「購入前にコメントをください」と言っている場合が多いです。


③取り置きOK・取り置きお断り
取り置きとはその名の通り、商品を一人のユーザーのために売れないように確保しておくことです。

例えば「すごく欲しい商品があるけど◎日までクレジットカードが使えないから◎日まで取り置きして欲しいな・・・」という購入者が稀にいます。

その場合、取り置きOKな出品者の場合、お願いをすれば商品を期限まで確保しておいてくれたりします。


その逆で「取り置き禁止・お断り」と表記している出品者の場合は取り置きはしてくれません。

私も取り置きはお断りしているのですが、その理由は過去に取り置きをしたのに購入をしてくれない人が何人かいたからです。

また、フリマアプリは基本的には購入が早かった人がその商品を購入できますが、ある一人のユーザーのために取り置きをしたのに結局買ってくれなかったとなると、その間本当に購入意思のある人がいたとしても購入してもらえないことになります。

これってすごく機会損失なんです。


そのため、取り置きをOKにしている出品者と、事前に「取り置きはしません」と記載している出品者がいるのです。


④値引き不可
これもその名の通り「値引きコメントをしていただいても値引きはしませんので現在の価格でご検討ください」ということです。

値引きに関してはフリマアプリでは当たり前になってしまっていますが、値引きに応じるか応じないかは出品者が決めることなのでこのルールは全く問題ないと思います。


⑤コメント逃げ禁止
フリマアプリではコメント逃げは本当に多いんですよね。

ユーザーが値引き交渉のコメントをして、出品者がそれに対してコメントの返信をする。
だけどその後のコメントもなければ購入もない、というケースです。

その値引き交渉に対して出品者が断りのコメントを返信したのならコメント逃げをするケースも理解できるのですが、中には「その価格でOKですよ!価格を変更したので購入お待ちしております」とコメントを返信しても一切購入してこない・・・という場合もよくあるのです。

「コメント逃げ禁止!」とプロフィールに書いていたところで、コメント逃げをするユーザーはたくさんいるとは思いますが、「コメント逃げはやめてくださいね」と軽く伝えるためにも一応プロフィールに書いておくというのもOKだと思います。


⑥悪い評価がたくさんついている方とは取引しません
これは少しグレーゾーンですが、やんわりと書いておく分には許されると思います。

出品者にとっては購入されてしまったら取引をするしかありませんが、お互いの個人情報を開示してまで取引をするのでなるべく良い評価が多く付いている人と取引をしたいですよね。

「悪い評価ばかりの方は絶対に買わないでください!」と書いていてもそのユーザーが買ってしまったらそのルールもないようなものになりますが、事前に書いておくことで悪い評価ばかりのユーザーが購入を控えるケースもあるかもしれませんね。

「悪い評価が一つでもついている人とは取引しません!」というのはルールが厳しいと思いますが、「悪い評価が著しくついている方とのお取引はお断りさせていただく場合があります」などとやんわり書いておく分にはセーフだと思います。


これはだめでしょ!?トラブルにも発展しかねない出品者の独自ルール


稀に「これは自分で自分の首を絞めてますよ~」と思うような、購入者の立場を考えない独自のルールを設けている出品者もいるのです。

これは自己中過ぎると思いますので、これらを書いている出品者さんは記載をやめたほうがいいです。


①ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル・3N・NCNR
これらは下記のような意味です。

・ノークレーム:
商品が届いた後に何か不備があってもクレームは受け付けません

・ノーリターン:
商品が届いた後に何か不備があっても返品は受け付けません

・ノーキャンセル:
購入者都合のキャンセル・届いてからのキャンセル(返品)は受け付けません

・3N:
ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルをまとめたもの

・NCNR:
ノークレーム・ノーリターンの略



こんな謎のワードがフリマアプリには存在するのです。

購入者からしたら「購入した後に商品に不備があっても一切クレーム、返品は受け付けない」なんて言われたら購入をやめてしまいますよね。

ですが、これらのルールを設けている出品者は多くいるのです。


ですが、メルカリ・ラクマでは「ノークレーム」「ノーリターン」「ノーキャンセル」「3N」というワードを禁止していて、メルカリに限ってはプロフィールや商品説明文にこれらの文言を入れると入力できないようになっています。

それでも残念なことにその禁止行為を事務局にバレないように「NCNR」と記載している出品者がいるのです。
(現在、メルカリではNCNRは入力できてしまうのです)

また、「購入後の返品・クレームは受け付けません」と意味は一緒でも言い回しを変えて記載している人も多く見かけます。


これらをプロフィールや商品説明文に記載することは自由ですが、メルカリの規約では下記のように書かれています。


「ノークレーム・ノーリターンと記載があっても、偽物や出品時と異なる商品が届いた場合、対応や保証をしなくてもいいということにはなりません
そのことを伝え相談・合意するようにしてください。」

 

つまり、ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル・3N・NCNRとプロフィールに書いたところで、「絶対に返品・クレームは受け付けませんよ!だって事前に書いてますから!」と出品者が言っても、結局は何かあれば返品・返金対応はしなければいけないということです。

独自ルールでこれらの文言を書くのは自由ですが、これを見て「商品不良でも返品受け付けてくれないんだ」と思ってユーザーが購入を諦めてしまう確率も高いですし、何かあれば対応はしなければいけないので、結局はあんまり意味はないと思います。


②配送トラブルがあっても対応はしませんのでご自身でお願いいたします
「こんな出品者いるの!?」と思ってしまいますが、過去に何人か見かけたことがあります。

「追跡番号のない配送方法で送るため、商品の未着や配送トラブルがあってもこちらでは対応できません。
何かトラブルがあればご自身で荷物を探すなり、配送業者へ連絡をしてください。」
と鬼のようなことを書いている出品者も稀にいるのです。

少しでも送料を安くしたい気持ちはわかりますが、やはり何百件に1回くらいの確率でも配送トラブルはあることにはあるのです。

その配送トラブルを防ぐためにも追跡番号がある配送方法でなるべく送るようにしましょう。


また、その荷物は出品者が発送した荷物なのです。

それは購入者の手元に届くまで出品者が責任を持って対応するのがマナーだと思います。

この「配送トラブルがあっても対応はしませんのでご自身でお願いいたします」なんてプロフィールに書いていれば購入をやめるユーザーも絶対にいますので、そんな無責任な独自ルールは直ちにやめましょう。


③私のルールを1つでも守ってもらえなかった場合には悪い評価をつけさせていただきます
こんな出品者も見たことがあります。

「この人超~上から!こわっ」って感じです。


その出品者は今回上で挙げたようなルールをたらたらと長~く書いていたのですが、最後には「最後までトラブルなく取引が完了したとしても、このルールを一つでも守れなかった場合は悪い評価をつけさせていただきます」と書いていました。


物を提供した側の出品者はそんなに偉いのか?と思ってしまいますよね。

悪い評価をつける基準は「自分の独自ルールを守らなかった人」ではなく、「フリマアプリ上のルールを守らなかった人」だと私は思います。

自分の独自ルールを勝手に設けておいてそれを守らなかったら悪い評価で返すなんて出品者も購入者も気持ち良く取引ができないので直ちにやめましょう!


ちなみに。許される範囲内と紹介したルールはメルカリでは認められていません!


上で紹介した「これはセーフ!?よく見かける出品者の独自ルール」の中に「即購入禁止」や「プロフ必読」がありましたが、やはりこのルールを設けている出品者が多いようで、メルカリではこんな注意書きされています。

 


「メルカリには『コメントなし購入禁止』や『プロフィール必読』『いいね!不要』といったルールはありません
お取引を円滑にする目的であっても、メルカリのシステムが対応していないお客様独自のルールを強要することはトラブルの元になることがあります。
安全のため、ガイドに沿って取引を進めてください」



つまり、出品者と購入者の間で何かトラブルが発生して事務局が仲介に入ったとして、出品者が「プロフ必読って事前に書いてたし!」「コメントなし購入禁止って書いてたのに!」と言ってもメルカリ事務局からしたら「それはあなたが勝手に作ったルールでしょ?メルカリではそんなルール認められてませんよ」と言われてもおかしくないのです。

結局はここで紹介したルールは全てメルカリでは認められていないのです。

独自ルールを設ける、設けないは出品者の自由ですが、それを守る義務は購入者にはないということです。

それを理解した上で、独自ルールを設けるかを考えるようにしましょう。



以上が出品者の独自ルールがどこまで許されるのか?これはアリなのか?についてでした!

安心できる相手と最後まで気持ち良く取引したい気持ちは誰でもありますが、独自ルールを設ければ設けるほど、自分の首を絞めることにもなります。

自分が購入者の立場だったらそのルールは守れるのか?そんなガチガチのルールを設けている人から物を買いたいと思うのか?をよく考えて、プロフィールを書くようにしましょう!