3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

出品する時間で売り上げが大きく変わる!?ユーザーの1日の動きから考える「一番商品が売れやすい時間帯」とは?〜フリマアプリ出品者必見情報♪〜

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170626211127j:plain

 

出品者のみなさんはメルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクといった販売アプリで、出品する時間を意識していますか?

 

スキマ時間に、通勤の時間を使って、ランチ休憩を使って、家事と育児の合間に、仕事から帰った後に・・・など自分の中の空いた時間を使ってフリマアプリやオークションサイトに出品をしていると思います。

 

ですが実は、出品する時間によって売り上げが大きく左右するのをご存知でしょうか?

 

出品する時間によってはいいね!がたくさんついて10分以内に売れる可能性もありますし、その逆で出品する時間を間違えれば「いつまで経ってもなかなか売れない」といったことになることもあるのです。

 

ではその一番売れる出品時間帯とは一体いつ頃なのでしょうか?

またそれを「ユーザーの1日の時間帯ごとの動き」を見ながら解説していきたいと思います!

一番売れやすい時間帯はここ!出品する時間を意識しよう!

まずはユーザーの1日の動きを理解することが大事!

売りたい商品によってターゲットが変わると思いますが、男性がターゲットの商品ならだいたいの方が日中仕事をしていると思います。

 

また、今は子供がいる女性でも日中働いている方が多く、学生がターゲットの場合でも日中は学校があったりその後は遊びの予定があったりすると思いますので、「仕事をしている人」「学校に通っている人」を基準に考えていきたいと思います。

 

<働く人・学校に通う人の1日のスケジュール>

7〜8時:①出勤中・通学中

    ↓

9〜12時:②仕事・学校

    ↓

12〜13時:③ランチタイム

    ↓

13〜17時:④仕事・学校・予定

    ↓

17〜19時:⑤帰宅中

    ↓

19〜21時:⑥飲み会・晩ご飯

    ↓

22時〜翌0時:⑦寝る前のくつろぎタイム

 

こんな感じになるでしょうか。 サラリーマンや学生の1日は大きく分けると7つの時間帯に分けられると思います。

 

「売れる時間帯=ユーザーがスマホを触っている時間帯」と意識しましょう!

上の「1日のスケジュールから商品が売れやすい時間帯を考えてみる」と言いましたがそもそも商品が売れやすい時間帯とはなんなのでしょうか?

 

ユーザーの購買意欲が上がる時間帯でもあるのでしょうか?

そんなものは時間帯で決まらないですよね。

 

 

答えは「ユーザーがゆっくりスマホを触る時間帯」なんです!

 

ゆっくりスマホを触る時間があるからこそ暇つぶしにメルカリやヤフオクを見るんです。

 

そもそもフリマアプリは「欲しいものがあるからメルカリで探そう!」というよりも「暇つぶしに良い商品あるか見てみよう」と思って暇な時間にアプリを開く人が大半だと言われています。

 

つまり、「ユーザーがスマホをゆっくり触る時間帯」こそが、ゆっくりフリマアプリを見て商品を品定めすることでき、商品が売れやすい時間帯となるのです。

 

1日のスケジュールからユーザーがスマホをゆっくり触る時間帯を考えてみる!

ではこの1日のスケジュールを見て何時頃が一番ユーザーがスマホをゆっくり触ることができるでしょうか?

 

答えは、 ①出勤中・通学中 ③ランチタイム ⑦寝る前のくつろぎタイム です!

 

自分に置き換えて考えてみても、①出勤中・通学中は通勤・通学時間が長ければ長いほどスマホを触っている時間は長いのではないでしょうか?

 

新聞や本をずっと読んでいる人でなければ、スマホを触りますよね。

ある程度知りたい情報を得たら、暇つぶしに通販サイトやフリマアプリを開いて商品を見ていることもあると思います。

 

また、③ランチタイムは同僚や取引先と一緒にランチをしていたらスマホを触れないと思いますが、一人でランチタイムを取る人なら自然とスマホを触りますよね。

 

私の前職の通販会社でもOLさんのランチタイムにアクセスが伸びる傾向があったため、ランチタイムの暇つぶしに購入してもらうことを目的に「ランチタイム限定セール」を行っていました。

 

最後に⑦寝る前のくつろぎタイムは、1日の終わりのためゆっくりソファやベッドでスマホを触るのではないでしょうか?

 

この1日のスケジュールに当てはまる人ならこの「22時〜翌0時の寝る前のくつろぎタイム」の時間帯が一番スマホを触る時間が長いと思います。

 

1日バタバタしてゆっくりスマホを見ることができなかった人も、寝る前だけでもベッドに入ってゆっくりSNSやお気に入りのサイトを見るはずです。

 

つまり、一番ユーザーがスマホを触る時間帯は「22時〜翌0時の寝る前のくつろぎタイム」となるのです!

 

ということは21時頃に出品しておくことがベスト!

一番ユーザーがスマホを触る時間帯は「22時〜翌0時の寝る前のくつろぎタイム」ということが分かると、その前に出品しておくことが一番ベストですよね♪

 

つまり、一番フリマアプリで売れやすい商品は「22時頃までに出品された商品」となります。

 

メルカリ・ラクマ・フリルなどのフリマアプリでは商品の並び順が「新着順」です。

 

また、メルカリとラクマのトップページでは「新しい商品を見る」というボタンがあるくらい、新着商品は一番ユーザーに見られやすい商品でもあるのです。

 

そのため、ユーザーが一番フリマアプリを見ている時間帯に新着商品に並んでいることがベストなのです!

 

また、この21時頃という時間帯に出品をすれば、その時間にサイトを見ているユーザーがとても多いため、物によっては出品してすぐに売り切れてしまうこともあるんです。

 

「この商品、出品してしばらく経つけどなかなか売れないな〜」と思う商品があれば、一度「22時〜翌0時の寝る前のくつろぎタイム」を狙って21時頃に出品してみるなど、出品時間にも工夫してみましょう♪

 

 

以上が「ユーザーの時間帯ごとの1日の動きから売れやすい出品時間帯を考える!」でした!

 

出品する時間を変えてみるだけで「売れなかった商品もすぐに売れた!」ということが起こると思います。

 

フリマアプリでは新着商品の優先度が非常に高いのです。

 

そのため、商品を出品する上で大事なことは「出品してすぐにどのくらいのユーザーが商品を見てくれたか」ということになるのです。

 

みなさんもぜひ出品する時間を意識して、フリマアプリで商品を出品してみましょう!

 

▼出品する時間帯についてはこちらも参考に♪▼

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com