3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

受け取り評価の評価基準とは!?マナーのある評価のつけ方をフリマアプリ・ヤフオク別に解説!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170627165411j:plain

こんにちは!ころたんです。

今日は購入者目線から受け取り評価について書きたいと思います!

メルカリやラクマ、フリル、ヤフオクなどで商品を購入し、商品が無事に届き出品者への評価をするとなった時、どのような基準で評価をつけていますか?

メルカリ、ラクマ、フリルといったフリマアプリの場合は良い・普通・悪いの3段階となります。

また、ヤフオクでは非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪いの5段階評価となっています。


フリマアプリの場合は3段階なので評価もつけやすいですが、ヤフオクの場合は5段階ですのでどのような基準で5段階の評価から選べばいいかが悩んでしまいますよね。

そこでフリマアプリ、ヤフオク別に相手の評価を付ける際の評価基準について書きたいと思います!


相手の評価を付ける際の評価の基準とは?

①メルカリ・ラクマ・フリルの場合


メルカリ、ラクマ、フリルといったフリマアプリでは上でも書いたように「良い」「普通」「悪い」の3段階評価となります。

その場合は私の経験上では下記のような基準で評価を付けるユーザーが多いため、下記を参考してもらえれば良いと思います。

・特に何も問題はなくスムーズに取引ができた→良い
・商品に対してやや不満があったがクレームをいうほどではない→普通
・説明文と明らかに違うなど不満だらけ→悪い



基本的に何も問題がなく取引を終えることができたなら「良い」の評価をつけましょう。

ですがたまに、商品も説明文通りで画像も偽りがなく無事取引を終えることができたのに「普通」の評価を付けてくる人がいます。

そういう人は「何も問題なく取引を終えることが普通」と思っているようで、「良い」評価をつけてもいい人にも「普通」をつけるんです。


そういった人は、何かプラスでサービスをされないと「良い」評価をつけない主義なのかもしれませんが、そのような人とはまた取引したいと思われませんよね。

ですので、特に問題がなければ「良い」評価をつけてあげるのがフリマアプリのマナーかと思います。


また、「説明文や画像に記載がなかった傷や汚れがあるが、クレームを入れるほどでないかな」と思うような商品が届いてしまった場合は「普通」をつけてあげましょう。

許せる範囲内なら「普通」の評価が良いと思います。


ですが、評価をつけた後などに出品者へメッセージで「説明文にはありませんでしたが傷が少しありました。そのため普通の評価とさせていただきました。」などと一言送ってあげましょう。

その方が今後その出品者も気をつけて出品するようになるので、出品者のためにもなります。


また、商品自体や取引中の対応、梱包など不満だらけの場合は悪い評価をつけても良いと思います。


フリマアプリの場合、受け取り評価をしてはいけないケースもある!


上ではフリマアプリでの評価基準について書きましたが、届いた商品が下記のような場合は、受け取り評価をしてはいけません!


<受け取り評価をしてはいけない例>
・新品と書いてある商品だったのに明らかに使用感がある
・ブランド品の偽物が届いた
・梱包が適当だったため配送中に商品が割れていた
商品が壊れていて使えないなど出品者にクレームや返品・返金をお願いするレベル



メルカリやラクマの場合は購入者が受け取り評価をしてしまうとその商品に対して返品・返金ができなくなってしまいます。

そのため、そのような商品が届いた場合にはまずは出品者に事情を話し返品・返金手続きをお願いした方がよいかと思いますので受け取り評価は後回しで出品者に連絡を入れましょう。


②ヤフオクの場合


ヤフオクの場合はフリマアプリとは違い評価が5段階と多くなります。

ヤフオクでの評価基準に迷ったら下記を参考にしてみてください。


・特に何も問題はなくスムーズに取引ができた→非常に良い
・商品に対してやや不満があったがクレームをいうほどではない→良い
・説明文と明らかに違うなど不満だらけ→悪い・非常に悪い



基本的には判断基準はフリマアプリと似ています。

フリマアプリの「普通」がヤフオクでの「良い」になるかと思いますので、不満が少しあっても許せる範囲内なら良いの評価が良いでしょう。

また、「どちらでもない」は相手への評価で選ぶのは失礼かと思いますので、これは選択しなくていいと思います。笑


また、悪い評価は2段階ありますが「悪い」「非常に悪い」に関してはどちらをつけても悪い評価に変わりはないのでどちらをつけても良いでしょう。

相手が明らかに故意で悪い商品を送ってきたなどがあれば、その時の感情で「悪い」「非常に悪い」のどちらかをつけても良いと思います。笑


また、出品者側からの視点では、落札後にキャンセルを申し出るユーザーや、いつまでたっても支払いをしてくれないユーザーに関してはヤフオクの場合は取引のキャンセルの際に出品者側が相手に悪い評価をつけることができます。

明らかに落札者都合のキャンセルや未払いなどがあればその時は悪い評価をつけても良いと思います。

 ▼評価に関してはこちらも参考に♪▼

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com



以上がフリマアプリ、ヤフオクでの評価の判断基準でした!


人によって判断基準は異なりますが、特に問題がない場合はできるだけ「良い」や「非常に良い」の評価をつけて、気持ち良く取引を終えるようにしましょう♪