メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

《出品者は必ず確認!》年末年始の帰省中のトラブル回避!発送停止期間を必ずプロフィールに載せて!

スポンサーリンク

年末年始の帰省中のトラブル回避!発送停止期間を必ずプロフィールに載せて!

こんにちは!ころたんです。

年末は大型連休ということもあり、実家に帰省するという出品者の方も多いのではないでしょうか?

何日も不在になる場合、商品の発送ができなくなってしまいますよね?

そんな出品者さんはきちんとフリマアプリ・オークションサイトのマイページに年末の表記をしていますか?


出品を始めたばかりの方や、あまり出品点数がない方は「年末の表記??なにそれ??」と思う方もいるかもしれません。


別記事で紹介しましたが、フリマアプリやヤフオクで商品を販売している方で年末年始に里帰りや旅行等で商品の発送ができない期間があるならば、発送休止期間を必ずプロフィールに載せるようにしましょう!

なぜなら大型連休前後は急いでいる人が増えるからです。




帰省や長期の旅行前には必ずやって!大型連休の発送停止前にやるべきこと2つ!

大型連休前はとにかく急いでいる人が増える!

 

私の前職の通販会社でもそうでしたが3連休前やGW、お盆、年末年始の休暇に入る前は本当~~に注文が増えました。


さらにとにかく急いでいる人が多い!!!


「今注文したらいつ届きますか??」「この日までに必要なので必ず◎日までに届けてください!」など、大型連休直前はこの問い合わせしかこないくらいでした。


こちらも要望に応えたいのでできるだけその日の出荷に間に合わせるのですが、中には
「なんでサービス業なのに土日祝日、お盆、年末年始に発送してないんだ!!」「◎日までに届かなければ着払いで返品してやるからな!!」といったいじわるな問い合わせもありました。

ちゃんと発送休止期間のお知らせを案内していてもです。


それくらい大型連休前はお客さんが急いでいる&カリカリしているんですよね。

特に年末は。。。

ですので、大型連休や長期帰省でしばらく商品の発送ができないという期間がある場合は、しっかりプロフィールに注意書きを入れておく必要があります。

 

事前に注意書きを入れておけば「発送はいつですか?」「発送はまだですか?」などともし言われてしまっても言い訳ができるので、トラブル回避のためにも必ず入れておく必要があります。

 

 

長期の帰省・旅行などの前に必ずやっておくべきこと!

 

もしメルカリ、ラクマ、ヤフオクでものを販売していて、長期の旅行や帰省などで商品を発送できない期間があるという方は、必ず「発送休止期間」を載せる必要があります。

 

私が発送ができない期間が事前にわかっている場合、下記のように対応しているので、参考にしてみてください。

 

①ユーザー名の変更

メルカリ、ラクマなら自分の名前を変更できますので、私は大型連休前に自分のユーザー名を少し変更するようにしています。

変更すると言っても発送停止のお知らせを自分のユーザー名の前に入れているだけです。


どういうことかというと、「◎日まで発送停止~ころたん~」のようにいつごろまで発送を停止しているのかを名前の前に入れます。

 


なぜ名前に入れるかというと、出品者名はユーザーが必ず見てくれているからです。

商品がずらっと並んでクリックしていただけたとして、必ず商品ページを見たらどんな名前の人が出品しているかが近くに出ますよね。

そこですぐに「あ、今発送停止中なんだ」と気付いてもらえれば、急ぎの人は買うのをやめるし、待ってでも欲しい人は購入してくれます。

出品者の名前は結構見られているので、名前の前にしっかり入れていれば間違いありません。

ちなみに、ヤフオクの場合はユーザー名が変更できないので、下の②だけを行いましょう。


②自己紹介に発送停止期間の詳細を記載する

名前を変更するだけで終わるのではなくて、自己紹介文にも詳細を追記することをおすすめします。

例えば、

※年末年始の帰省のため下記期間中は発送を停止いたします※
発送停止期間:◎月◎日~◎月◎日

なお、この期間中は商品が手元にないため実物を見ないとわからない商品の質問にはお答えできません。
商品の発送、質問の回答は◎月◎日以降となりますことをご了承くださいませ。



こんな感じで自己紹介文の一番上に入れておくことをおすすめします。

①の名前を変更をしっかりやっていれば、発送停止中だということをわかってくれると思いますが、念のため自己紹介にも注意書きを入れて最短の発送がいつ頃なのかを書いておくととても親切です。

ここでしっかり書いていれば、この内容を了承した人は発送停止中であっても購入してくれますよ。


また、この発送停止期間中に購入や落札があった場合は、きちんと個別でメッセージを送り、発送が遅れる旨を改めて伝えておきましょう

その際、メッセージに「あらかじめプロフィールに記載の通り◎日以降の発送となります」と書いておけば自分は予め注意書きは入れていましたよと伝えられるので、トラブルにもなりません。


配送目安を過ぎても自動でキャンセルはされない!

 

もし発送停止期間中に商品を購入されてしまった場合、その商品に設定している配送目安以内に配送ができないということが起きてしまいます。

 

この目安を越えたら自動的にキャンセルになったり、何かペナルティがないか心配の方もいると思います。

 

ですが基本的に、メルカリ、ラクマ、ヤフオクでは発送目安を越えてもしっかり購入者(落札者)に発送が遅れる旨をメッセージ等で伝えておけばOKということになっています。

メルカリやラクマの場合発送目安を超えると、「発送予定日が過ぎています!速やかに発送してください」とアラートが出てしまいますが、基本的に購入者にきちんと伝えておけば自動的にキャンセルになることはないので安心してください。


ちなみに、あまり発送停止開始日よりも早く注意書きを入れてしまうと購入率が下がりますので、発送停止開始日の前日くらいから入れるのをおすすめします!

メルカリなら一時的に全商品出品停止も可能!

 

これは現在メルカリにしかない機能ですが、メルカリには「一括で出品している全商品を非表示にする」ということができます。

 

それができれば上で説明したようなプロフィールの変更などをしなくても済むので、面倒な方は下記の方法でメルカリで出品をしている全商品を販売停止にしてもいいかもしれません。

 

www.colotanblog.com

 

ただし、この方法を行なうと発送停止期間中は一切注文を受け付けられないということになります。

 

中には「発送が再開されるまで待ちますよ」と言って発送停止期間中でも購入してくださる方もいるので、これは機会損失にもなります。

 

どちらの方法をとるかは出品者さん次第ですが、メルカリでは一応全商品非公開にするという機能もあるので、参考にしてみてくださいね。