3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

私がフリマアプリやヤフオクで1000円以上でないと販売しない理由。安く販売すればいいってもんじゃないんです!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170627170736j:plain

こんにちは!ころたんです。


今日はメルカリやラクマ、フリルでの販売価格設定について書きたいと思います。

ヤフオクはオークション形式のため提示した価格から入札が入ればどんどん価格が上がっていくため1円からスタートできるようになっています。

ですがメルカリ、ラクマ、フリルといったフリマアプリでは最低価格が300円からなんです。

つまりフリマアプリ内では300円が一番安い商品なんです。

「家が不用品であふれていて一刻も早く処分したい!誰でもいいから買って!」という時は全品300円で販売しまくるのも手だと思います。

メルカリでは300円分のポイントを定期的にくれるので300円の商品ならそのポイントでも購入もできますしね。


ですが私はこれらのメルカリ、ラクマ、フリルでは「これは売れても1000円以下だな~」と思ったら販売せず捨てるようにしています。

またその逆で、商品を出品するのなら最低でもまずは1000円で販売してみるようにして、私の中では1000円をボーダーラインとしています。

なぜ1000円が最低価格だと思うのか、その理由がいくつかあるので書いていきたいと思います!


私がフリマアプリやヤフオクで1000円以上でないと販売しない理由。

理由① 自分の人件費を考えてみる


不用品はいわばゴミです。
その不用品がお金に変わるだけで嬉しいですよね!

ですがフリマアプリでは自分で商品の画像を撮影して説明文を考えて出品をし、コメントがくればその返信をして商品の発送をするのです。

あくまでメルカリなどのフリマアプリには販売する場を提供してもらうだけで、それ以外の作業は全て自分で対応します。


つまり、撮影→出品→コメント対応・連絡→発送の作業を手間を考えたときに、果たしてこれらの作業はいくらなら自分がやるのか?を考えてみてください。


これらの作業はざっと1時間あればできてしまう作業だと思います。
(郵便局やコンビニ、宅配便営業所などに家が近ければ)

それなら時給800円くらいは欲しいですよね?

私はこれらを考えたときに発送までの作業を時給に換算して最低800円くらいでないとやりたくないなと思いました。

ただただ不用品を処分したいだけならフリマアプリの最低販売価格の300円でもいいと思います。

ですが私のように継続してずっと不用品を販売していく人や、どうせなら不用品販売を副業にしたいと思うような人は、自分の作業分の時給を考えたときにそれで納得できるのかを考えてみることが大事です。


最終利益をしっかりシミュレーションしてみることは大事!


では、フリマアプリでの最低販売価格の300円で販売したとして利益がいくら残るのかをシミュレーションしてみましょう。

例:
・メルカリで300円で販売
・送料込み、クリックポスト(送料164円)で発送


→商品代金300円×販売手数料10%-送料164円=利益106円

たった106円ですがわずかながらも利益が残り赤字ではないです。



では1000円の商品をメルカリで販売してみたとしてこちらもシミュレーションしてみましょう。

例:
・メルカリで1000円で販売
・送料込み、クリックポスト(送料164円)で発送

→商品代金1000円×販売手数料10%-送料164円=利益736円



メルカリでは販売手数料10%が取られてしまいますが、ラクマ、フリルでは販売手数料が無料のため、上の例のように1000円で販売したとしたら836円の利益となります。


メルカリでは惜しくも自分の中の最低時給の800円に届きませんが、ラクマ・フリルでは800円以上の利益が出るので、「1000円以下にしかならないものは販売しない」と自分の中で決めました。


1000円以下にしかならないものはジモティーを使うのもアリ♪


1000円以下にしかならないものは私の場合は捨ててしまいますが、ジモティーを使って近所の人にあげる・安く売るというのも手だと思います♪

手数料無料の『ジモティー』地元でカンタン!フリマよりもお得!
手数料無料の『ジモティー』地元でカンタン!フリマよりもお得!
開発元:JIMOTY, INC.
 
無料
 
posted with アプリーチ

 

場合によっては利益が少なくても値下げ交渉には応じています!


「1000円以下では販売しない!」なんて強気に書きましたが、もちろん値下げ交渉が来て「1000円で販売しているものを800円にしてください」などと言われれば、場合によっては対応しています♪

その商品が長年売れていない今の時期でないと売れないような季節物の場合などは値段交渉にもしっかり応じて販売するようにしています。

 

ずっと売れていないような商品が、値下げ交渉を断ったことでまた長年自分の家に居座り続けるのは困りますからね。

あくまで私の中では「スタートの販売価格は1000円以上」と決めているだけで、しばらく販売してみてなかなか売れない場合は値下げ交渉に応じて利益が少なくても販売しています。


理由② 安すぎる商品は意外と売れない


購入者にとっては商品を買うなら安いに越したことはありませんよね?

実はそれがいつでも当てはまるとは限らないのです。


では新品・未使用のノーブランドのTシャツが売っているとします。
デザインはすごく自分の好みで可愛いのです。

①1200円
②300円



あなたならどちらを買いますか?

もちろん同じ商品が隣で並んでいたら②の300円を選ぶでしょう。


ですが、②の300円の商品だけがメルカリ内で出てきたとします。
新品・未使用なのに300円のTシャツ。



なんだか安すぎて怖くないですか?

「新品・未使用でデザインもそこそこかわいいのになんで300円???」と思いませんか?


それなら①1200円の方が納得できませんか?



そうなんです。

実は商品に見合っていない安すぎる価格って「実は何かあるんじゃないか?」「書いていないけどシミや汚れがあるんじゃないか?」不安要素が先に出てしまうんです。


安ければ売れる、安ければ購入者も喜ぶと思いがちですが、実はそう感じてしまう場合もあるんです。


実は意外と「安ければ安いだけいい!」ということはありませんのでお気をつけください♪


以上が私が1000円以上でないと販売しない理由でした!

①で説明した、発送までの作業分の賃金を考えたときの価値観は人それぞれです。

200円でも300円でも利益が残ればいい!と思えば1000円以下でも販売すべきなので、一度「自分はこの作業にいくらならやるか」をよく考えてみてくださいね♪

 

▼価格に関するこちらの記事も参考に♪▼

colotanblog.hatenablog.com