3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

受け取った商品が不良だった!返品・返金が発生するフリマアプリでのトラブル対処法♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170628131108j:plain

 

こんにちは!ころたんです。

みなさんはメルカリやラクマ、フリルなどのフリマアプリでものを販売・購入した際、やむを得ない事情で返品になってしまったことはありますか?


例えばブランド品を購入したのに偽物が届いた商品説明文とは明らかに違うものが届いた、まだ使えると書いてあったのに壊れて使えない、など出品者に過失があり返品になってしまうケースがあると思います。


その際、返品・返金の流れについてきちんとご存知でしょうか?

事前に返品・返金の流れを知っておくととてもスムーズに対応ができますので、パターン別に説明していきたいと思います!




フリマアプリで購入した商品が返品・返金になるケースとその対応

①送料込み商品なのに着払いで商品が届いた


商品により送料込み、送料別と送料設定を分けている出品者の場合、間違えて送料込み商品を着払いで送ってしまうことがあります。

購入者は「きっとわざとではなく間違えてしまったんだ」と思って心の中では許してあげましょう。


ですが、荷物を受け取ってはいけません。

その場であなたが着払いの送料を支払わないといけないからです。


この場合は受け取りを一旦拒否して、出品者宛に返送してもらいましょう。

出品者には往復の送料がかかるため倍の送料になって荷物が返ってしまいますが、これは出品者側のミスなので仕方ありません。

その後、取引画面のメッセージにて「送料込み商品が着払いで届いたので一旦受け取りを拒否させてもらった」という旨を連絡しましょう。


また、元払い(送料を出品者負担)にて再配達してもらうよう依頼をしてください。

その後、再配達をしてもらいきちんと商品を受け取って中身を確認したら受け取り評価をしましょう。


また、もし荷物を受け取り着払い送料分を支払ってしまったら、そのことを出品者に伝えた上で送料分を銀行振込などで返金してもらいましょう。


②説明文とは異なる商品、偽物が届いた


明らかに説明文や画像とは異なる商品、ブランド物を購入したのに偽物が届いた(本物だと書いてあったのに)、壊れていたなど、出品者に過失があると思われるケースです。


まず、この段階では絶対に受け取り評価をしてはいけません。

受け取り評価をしてしまったら商品代金が出品者にすぐに入ってしまい返金作業が厄介になるからです。


まずはきちんと出品者に連絡を入れ商品の状況を説明しましょう。

その後、返品となれば出品者と話し合いをしたのち、返送送料をどちらが持つかなどを決めましょう。

出品者に過失がある場合はだいたいが送料を出品者負担となるので、着払いで返送になるかと思います。


その後、取引画面のメッセージ上できちんと出品者に荷物が届いたことが確認できたら、事務局に連絡を入れます。

その際、商品ID、出品者(ニックネーム)、取引の経緯などを載せ、なぜ返金作業が必要なのかを説明しましょう。

その確認が取れ次第、事務局側が返金処理を行ってくれます。


③受け取り評価をした後に返品対象商品だと気づく


②のように受け取り評価前でしたら、出品者に売上金が入っていないので事務局側が預かっている商品代金を返金してくれます。

ですが、もし受け取り評価をした後に商品不良や偽物、記載されていた内容と異なると気づいた場合は、②とは異なる方法で返品・返金処理をするしかありません。


まず、「受け取り評価をしてしまったけど明らかに説明文とは異なる」など商品の状況を取引画面から出品者に連絡をしましょう。

双方で話し合った結果、返品という流れになったら購入者が「返金用ページ」を作成します。

もちろんそのページは商品を販売するのではなく、架空の商品ページです。

その購入者が作った返金用ページを出品者に購入してもらえば代金がそのまま購入者に戻りますよね。



ですが、ここで注意!

ラクマの場合は手数料が無料なので商品の販売金額と同じ価格で返金ページを作成しますが、メルカリの場合は手数料が10%発生してしまいます。

この10%を購入者が被るのか、10%上乗せした金額で返金ページを作って良いのかなどしっかり話し合った上で値段を決めましょう。


この返金ページで出品者が購入したら、購入者は商品を出品者に返送します。

この場合も②と同様、恐らく着払い(送料出品者負担)で返すことになると思いますが、こちらについてもしっかり双方で話し合った配送方法で返送してください。



以上が3種類のパターン別の返品・返金方法となります!

この3つに共通して言えるのは、購入者は受け取り評価前にしっかり商品を確認してください!

商品を受け取ってすぐ、中身を確認しないで受け取り評価をすることはトラブルの元です。


なぜなら一度受け取り評価をしてしまうと、事務局を介しての返金作業ができなくなるからです。


③のパターンのように返金ページを作成してその代金についても話し合って・・・となると本当に面倒なんです。

「返品」を発生させないのが一番ですが、もし発生してしまった場合は受け取り評価前に解決することです。


もし返品・返金作業が必要になった場合は参考にしてみてくださいね!

▼返品・返金についてはこちらも参考に!▼

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com