3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

《※重要※》送料別?送料込み?フリマアプリ・ヤフオクでの送料設定どうしていますか?送料別商品はすべて送料込みに!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170628154340j:plain

 

こんにちは!ころたんです。

商品をフリマアプリやオークションで出品する際、皆さんは送料についてどのように設定していますか?


メルカリ、ラクマ、フリル、ヤフオクなどの場合、送料込み(出品者負担)にして販売するか、送料別(購入者負担)にして販売するかを商品ごとに選択できます。

ですが私の場合、基本的に出品している商品は全て送料は出品者負担(私負担)としています。

また、送料別(購入者負担)で販売することはおすすめしません。


そこで今日は、なぜ私が送料別(購入者負担)にすることをおすすめしないのか?送料込みで販売した方が断然売れる理由について詳しく書いていきたいと思います!


出品する商品は全商品、送料込み(出品者負担)がおすすめ!送料別の販売が売れない理由とは?

私が送料込み(出品者負担)をすすめる理由は単純にこれ!


私がメルカリやラクマ、フリル、ヤフオクなどに出品する商品を送料込み(送料無料)でしか販売しない理由は、単純に送料を出品者負担にした方が何十倍も売れやすいからです。

これは誰にでも共感してもらえる話だと思います。


例えば、全く同じ商品が2つ売られているとします。

①1000円(送料込み
②1000円(+送料500円



①は送料無料で1000円で購入できる、②は商品自体は1000円だけど送料が別途500円かかるため合計1500円で購入できる。

この2つだったらもちろん①の送料込みの方を購入しますよね。

これは説明するまでもないですが誰だって送料込みであった方が嬉しいはずです。


送料別(購入者負担)というだけでユーザーにがっかり感を与えている!


メルカリ、ラクマ、フリルなどのフリマアプリの場合、送料を購入者負担にすると着払いでの発送となります。
(ヤフオクは着払いか、先に送料を決めて商品代金に上乗せするか、送料が決まってから連絡の3つから選べます)

つまり、送料別で販売することで「この商品1000円だ!安い!」と購入者が商品に飛びついても、結局よーく見てみると送料が別途500円かかると分かればがっかりして購入を諦めるケースだってあるのです。


実際に、着払いの発送となるとせっかく購入者が「荷物が届いた!」と思って荷物を受け取った瞬間、宅配業者から「では着払いなので送料◎◎◎円いただきます」と送料を請求されるのです。

これじゃあメルカリやヤフオク上では安く買えても購入者にとってはなんだか余分にお金を支払ったような気分になりますよね。

フリマアプリやヤフオク上で商品代金を払い、さらに荷物が届いてからさらに送料を払う。

送料が購入者負担とわかっていながらも、実際に2回も支払いがあれば購入者にとってはなんだか腑に落ちない気持ちになるような気もします。


今の時代ネット通販でも「送料無料」が当たり前になってしまっている!


書くのが少し遅くなりましたがそもそも私から一言!

 

私の場合、送料別の商品は絶対に買いません!


これはネット通販でも私の場合そうなのですが、何か欲しいものがあって検索をした際、私はまずは「送料無料」チェックを入れた上で検索をします。

通販を始めた頃は「送料500~600円を追加で払えば家まで届けてくれるとは、ネット通販はなんて素晴らしいサービスなんだ!」と思っていましたが、私の前職が通販会社だったというのもあり、自分もネット通販のヘビーユーザーになればなるほど「送料別の商品を買うなんてありえない」という考えになってしまいました。

「むしろ送料がかかるくらいなら歩いて買いに行くわ」くらいに思ってしまいます。


実際にメルカリやヤフオクなどでも欲しい商品があって検索をする場合、「送料無料(送料込み)」に絞り込んでから商品を探すという人が年々増えていると思います。

それくらい今の時代、ネットで物を買う際「送料無料が当たり前になってしまっている」のです。


私の前職のネット通販会社でも送料別・送料無料の違いで大きく売上が変わっていました!


私は以前、ネット通販会社で働いていましたがなかなか売れない商品ってどうしても出てきてしまうんです。

そんな時、価格を下げたりトップページのおすすめ商品に並べてみたり、露出を増やしたりと様々な方法を試すのですが、その方法以外でも「送料無料にしただけですぐに売れた!」ということがよくありました。


また、「この商品と一緒に買えば送料無料♪」や「こちらの商品は全て送料無料!」というキーワードにお客様って弱いんです。

 

買い物に送料500円かかるくらいなら、たいしていらない商品でも500円(送料無料)の商品を買い足したほうが得した気分になりませんか?


そうなんです。

そのくらいネットで買い物をする際、送料にお金をかけたくないという人が多いのです。


つまりそれは、同じ「ネットで物を購入する」という点からもメルカリやラクマ、ヤフオクなどにも共通して言えることなのです。


送料込みで販売すると決めたらあとは送料を安く抑える工夫をすればいい!


上で「送料込みで販売した方が断然売れる!」という話を長々と書きましたが、それでも「送料を出品者が負担するとなるとせっかく売れても利益が少なくなっちゃう・・・」と送料込みで販売することに抵抗を覚える人もいるでしょう。

ですが、送料込み(出品者負担)で販売することを決めたら、あとはいかに送料を安く済ませるかを考えればいいのです。


今では各配送業者から荷物の大きさに合わせた配送サービスがたくさん提供されているので、しっかり調べてその商品に合う配送方法を使えば、工夫次第で送料は安く抑えられます

また、メルカリでは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」、ラクマでは「ラクマ定額パック」、フリルでは「かんたんフリルパック」、ヤフオクでは「ヤフネコ!パック」「ゆうパケット・ゆうパック(おてがる版)」など各サイト独自の配送サービスを利用すれば、通常の発送よりも格安で荷物を送ることもできます。


それについては別記事で詳しく書いてありますので、ぜひ送料や配送方法についても別記事を参考にしてみてくださいね♪

▼送料・配送方法についての記事はこちら▼

www.colotanblog.com

ユーザーは最初に提示された金額で買うか買わないかを決めている!


以上が、私が送料込みで販売することをおすすめする理由についてでした!

フリマアプリやネット通販サイトで商品を探している時、ユーザーは最初に提示された金額でその商品を買うか買わないかを決めています。

もうその最初の金額が基準になってしまうのです。

ですが「そこからさらに送料がかかりますよ」となったら相当安いものか、長年探し続けてたものでない限り買わないでしょう。


そのため、やはり

フリマアプリやオークションサイトでは「送料無料」で売るのがおすすめなのです!


断然、売れやすくなりますよ♪


また、「ずっと販売しているけどなかなか売れない・・・」という商品も売れない原因は送料にある場合もあります。

送料別で販売し続けていた人は、ぜひ送料の設定を見直してみてくださいね!